問診は推理に似ている

痛みの原因(犯人)を突き止めるのは、犯人を突き止めるのに似ている。

色々な角度視点から起こった様子をイメージして妄想して、患者に乗り移り体験してみる。

こんなことが起こったのか?となんとなく痛みの原因が理解できる。

例えば

10年痛い足首の外側が長く歩くて痛くなる。次第に内側も痛くなり足裏や小指付け根が痛くなってくる。大きな病院を転々として、有名な足の専門病院にも行き治らない。

インソールや靴など多数購入してお金も時間も浪費。

この方の痛みの原因が、以外と簡単に解決する?原因だった。

結論からいうと、弱いために負担に負けて痛みが出る。だから鍛えて強くする。

始まりは、フットサルで足指が縮こまるほどきつい靴を履き練習していた、仕事でもきつい靴を履くようにしていたら、足首を外側くるぶし下が痛くなり、靴淵に当たるような痛みがでた。それから、足の色々なところが痛くなり困ったことから10年近く痛みを引きずり悩み鬱に近い状態。神経内科に通っている。大きな病院や足で有名な病院でレントゲンやMRIを取っても骨に異常がない原因はわからない。扁平足だからなどインソールや靴に数十万かかり、それでも解決しない。

足を見ると、確かに扁平足。でも生まれつきだから問題ない。確かに扁平足は機能的に問題ありそうだけど、先天性なら順応している。

しかし、原因は扁平足でない。ここで考えなくてはいけないのは、異常がるのか?ないのか?

痛みには、異常があり痛みがあるときと、ただ単に弱い(弱って)ために負担に負けて痛い場合がある。

この場合は、異常があり痛みがあるのでなく。弱って痛みがあると考える。立位で観察すると、回外足

元々の扁平足ありますが、よりアーチが落ちている。なぜ?足指に力が入っていないから、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>