変形性股関節症テクニック

仰向けで鼠径部やASIS付近を圧して膝関節伸展で股関節屈曲、また、膝関節屈曲で股関節屈曲運動をする。圧の場所を外側に移し膝関節伸展で股関節外転、また、膝関節屈曲で股関節外転、また、圧を内側に移して膝関節伸展で股関節内転、また、膝関節屈曲で股関節内転。

側臥で大転子付近を圧を膝関節伸展で股関節を外転。また、膝関節屈曲で股関節外転。また、大転子付近を圧しながら膝関節屈曲で股関節屈曲。また、大転子付近を圧をしながら股関節伸展。

仰向けで膝関節軽度屈曲で股関節内旋、その時に、術者は大転子と腸骨を把持して補助。外旋時も補助。逆の動きも行う。

筋トレは、前後、横

股関節の付け根圧迫スクワット。フルとハーフ、また、椅子バージョン。寝ながらバージョン。腿上げバージョン。回旋バージョン。

ASIS付近外側圧迫して、お尻左右振り子。また、回す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>