変形性股関節症(鼠径部から外側臀部、大腿部や膝)

患側は下肢外旋位が多く、仰向けで外旋には行きやすく内旋に行きにくい。うつ伏せでは、足先が外旋に向く状態になる。

歩く際に体重が乗ると痛い、階段はもちろん痛い、じっとしていると痛みはないが、痛い方の膝を立ち膝でいると痛い。

筋肉は、左右差が著名に現れる。もちろん、痛い方の足が痩せて筋力低下を起こしている。

腰痛もある方が多く、坐骨神経痛に似た症状も伴っている場合があるため、よく観察する必要がある。

股関節が痛くなる経緯で、坐骨神経痛で股関節を守る筋肉が痩せて筋力低下を起こして股関節が守れなくなり、ズレる(患者、ポキポキなるようになった)など起こり、炎症が発生すると考える。

炎症がなければ、変形性股関節でも痛みなく生活ができる日てがいます。

可動制限が著しくある場合は、進行していると考える。これ以上、可動制限を進行させないように、早めのケアと適切な筋力トレーニングを行うことをお勧めします。

施術内容

うつ伏せで下肢を伸ばしたまま内旋位にねじりを入れて内側筋肉をへほぐす。

うつ伏せで外転膝屈曲位で臀部大腿部筋膜をほぐして、ケンテク、

仰向けで、下肢内旋位で大腿部外側をほぐして、ASISを上後方に押し圧して、AS骨盤変位を調整。これは股関節屈曲動作で付け根が詰まる感さぞがある場合に必要なテクニック。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>