島﨑一枝60歳:7脊柱管狭窄症2015/10/6志木市

島﨑一枝60歳:7脊柱管狭窄症2015/10/6志木市

 ファイル_004ファイル_003 (1)

ファイル_003ファイル_002 (1)

ファイル_005ファイル_001 (1)

ファイル_000 (1)ファイル_007

左股関節付け根鼠蹊部、腰、左下腿外側の痛み

左足首(距腿関節の内転制限が強い。下肢外旋が制限。これは45年前の捻挫でつま先を内側に入れて歩く癖を付けてしまい現在に至るため内旋は行きやすく外旋は行きにくい現象が起こる。

施術ポイントは、距腿関節の動きを回復させて足首牽引位で脛骨腓骨間の圧迫で関節を締める。

サポーターテーピングで負担を取り除き緩めるを1週間×3回目標

ひざ下に腓骨頭が外側に力が加わらないようにサポーターで圧を加える。

歩き方指導:歩幅を狭くしてつま先を内側でなくまっすぐに出して歩くように指導。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>