治療期間中の注意(早く改善する注意5項目)

治療期間中の注意(早く改善する注意5項目)

患者様へお願い

治療期間の注意事項について

二人三脚で痛みと戦うために患者さんが自己管理を行いことはとても大事なことです。私は施術、患者様はセルフケア(自己管理)と役割分担を行い、より治療効果が高まり早く確実に改善されるように願います。そのために以下のことの御協力をお願いします。十分な睡眠、積極的な休養、適切な栄養、場合により適度な運動、ストレス解消

十分な睡眠

体をは寝ているとときに回復を行い修復を促します。寝不足は、回復力を減退させて体が自分で治す自然治癒が働かないため十分な睡眠をお願いします。(テレビ・パソコンの長時間又深夜の作業など特に注意)

積極的な休養

休養は大切な治療です。長く患い症状は動きすぎることや体が治すタイミングを逃して組織修復が遅れたり、繰り返して炎症を引き起こして、繰り返し怪我した状態となり慢性化しています。例えば、捻挫して治りかけたら、また、捻挫したなど同じことが起こるとお考えください。痛みが改善しない一つの原因となる動きをしない、もしくは少なくすることが休養となります。

適切な栄養

からだを作るのは食べ物です。修復に必要な栄養を摂ることで、やはり、回復のスピードは変わります。とくにタンパク質は重要です。動物性など積極的に摂取しましょう。

ストレス解消

精神的ストレスは肉体的ストレスよりも問題があります。からだを治す状態にするのは自律神経が関与しています。神経伝達をスムーズに促すために、精神的ストレスは自律神経系を狂わすので、ストレスを回避する努力をしましょう。自律神経系は体を治す司令塔みたいな役割をしています。

※適度な運動 ※症状により運動よりも休養を優先したほうがいい時もあるため指示に従ってください。

必要なときには積極的に運動は行った方が改善が早くなります。しかし、運動をしすぎて痛めたオーバーワークは適度な運動でもやらない方が良いため、ケースバイケースで行ってください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>