股関節の痛みテクニック

ポイント

臀筋、大腿直筋、ハムストが弱くなる

⇨筋トレ

内転筋の拘縮がある。

⇨ほぐす

反対のハムスト、内転筋が硬い

⇨ほぐす

患側の大腿直筋が硬い

⇨ほぐす

患側の骨盤がASになる

⇨ASISを圧

患側の腸腰筋が拘縮している

⇨大腰筋調整でアプローチ

基準

じっとしていても痛みがあるか?

朝起き上がるときに痛みがあるか?

長く座り立ち上がるときに痛みがあるか?

長く歩いていると痛みがでるか?

長く歩いた夜に痛みがでるか?

長く歩いた次の日に痛みがでるか?

内転筋を圧すると痛いか?

臀筋を圧すると痛いか?

大腿直筋起始(ASIS下)を圧すると痛いか?

臀筋の筋力は正常か?

大腿直筋の筋力は正常か?

中臀筋の筋力は正常か?

屈曲の可動域は正常か?

外転の可動域は正常か?

伸展の可動域は正常か?

内転の可動域は正常か?

脚の長さは正常か?

大腿骨大転子の位置は正常か?

腰の痛みはでてないか?

腰椎5番4番の患側に圧痛はないか?

仙腸関節の患側に圧痛はないか?
患側の脚に健側の脚を乗せてお尻に力を入れてて股関節が痛むか?

歩く際に体重を乗せると痛みがでるか?

動かす際にポキポキと音がするか?

膝関節屈曲位で股関節外転はどのくらいできるか?

太ももの太さに左右差はありますか?

股関節の疼痛をなくすポイントが新たに発見。^ ^まだ、極秘です。

【回復の基準】

日常生活での痛みレベル

可動域検レベル

可動域検査での痛みレベル

圧痛場所

圧痛レベル

【やるべきこと】

  • 股関節の疼痛をなくすポイントが新たに発見。^ ^まだ、極秘です。

【回復の基準】
日常生活での痛みレベル

可動域検レベル

可動域検査での痛みレベル

圧痛場所

圧痛レベル
疼痛除去

筋出力の回復

筋出力の強化

可動域の回復

骨、軟骨の修復
の結果で股関節の正常位置に戻る。(変形進んだ変形性股関節について、まだ骨、軟骨に変形が軽度またはない場合は、早く回復する)
の結果で股関節の正常位置に戻る。(変形進んだ変形性股関節について、まだ骨、軟骨に変形が軽度またはない場合は、早く回復する)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>