股関節の痛み(鼠径部痛)が足首の不調から

股関節(足の付け根鼠径部)の痛みが足首の不調が原因の場合

歩く際に足の付け根が痛くなる場合で、股関節や腰に原因がない、何が原因かわからないのは、足首が原因を疑う。

捻挫の後遺症が関係していると、例えば写真のように左右の可動域に差がありすぎるなどです。これは、距腿関節が動きが悪く、歩行時に足が出る際に外旋動作が制限されて、患側だけが内股(つま先が内側に向く)になることで股間節に詰まる感じが出てきて痛む。この場合は、膝関節外側にも痛みが出やすい。

ファイル_001 (1)ファイル_000 (1)
仰向けで左右の足先を外旋させると、痛い側は外旋で制限があり、硬い感じがある。

距腿関節を緩めて膝関節を緩めて、歩いてみると歩きやすくなります。その時点で股間節の痛みがなくこともあります。すぐに痛みがなくならなくても、数日でだいぶ改善されるでしょう。

距腿関節の緩ませ方は、踵をしっかり把持して、外転内転動作を行い固まりをほぐしていきます。

ファイル_005ファイル_001 (1)
膝関節は、腓骨側の動きをつけてあげるように、腓骨頭を揺らすように動かします。

股間節に対しては、内旋に固まっているため、内転筋をほぐしながら、股間節屈曲外転動作を行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>