股関節の運動解剖学

股関節は、伸展位では軽度内旋位でロックがかかる。それは、立位で保持するための構造で、筋肉や靭帯、並びに関節が共同作業で立位を保持するためで、これが靭帯だけや筋肉だけ、関節だけで保持するリスクをなくして負担を偏らせないために必要な機能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>