膝の痛み(お皿の下内側に膝屈伸と押すと痛い)

 原因が不明で病院でレントゲンを撮ってもわからない症状

歩くと痛い、屈伸で痛い、押すと一点が痛いを四ヶ月続く。

原因は【指上げ浮き指】で歩く際に指を上げて歩く癖が、脛筋を緊張させて膝の屈伸時に起こる下腿の内旋外旋運動の連動が失われてがそくにストレスがかかる。

その根拠は、痛い部位を押して痛いか確認します。そこを押したまま、患者の痛い方の足指を屈曲方向に曲げると、不思議と痛みがなくなります。逆に伸展方向に曲げると、痛みが増します。これが意味することは、少なくとも指先の動きが関係していることは確かで、考えられるこては、歩く際に必要以上に指を反りあげて歩く癖が引き起こしていると考えるのが妥当でしょう。

  
 

改善法は、浮き指の改善法とそれに伴い緊張した脛筋と大腿筋をほぐす。

もう一つプラスするとしたら、脛骨は外旋変位している可能性があるため、足部底屈で下腿内旋誘導して大腿部は外旋誘導の膝部でねじれを作る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>