親指の正しい使い方

足の中でも足指はすごく大事で、来院される方を観察すると親指のが反り上がっている方がほとんどです。

親指の正しい動きは、歩く立つ際に親指の腹(第一関節から上)で地面を抑えられることです。多くの方が第一関節が自分の意志では動かせない、ひどい人は指導の際に親指の第一関節を曲げようとすると悲鳴をあげるかたがいます。いかに普段から拇指をうまく使えていないかとわかります。

拇指の第一関節がうまく使えないと、何がよくないのか?

まず、土踏まず(外側アーチ)が潰れて扁平足になります。次に、土踏まずが潰れると、足指はに力が入らなくなるベタ足(開帳足)になります。足指が使えないと足指がふくらはぎの筋肉が弱り足関節が不安定がさらに不安定になり、歩く際にグラグラと歩きづらくなります。

足元が不安定だと、その上にある膝腰、股関節、背中肩首なども痛み不調を引き起こしやすくなります。心当たりのある方は足首の不安定を疑い拇指の腹で地面を抑えられるように練習するとよいです。  

 
  
 親指の第一関節トレーニングはこちら

親指の第一関節が使われない特徴

外反母趾

浮き指

扁平足

ハンマートゥ

巻爪

足裏にタコ魚の目

こんな症状を引き起こしやすく(足)

足底筋膜炎、捻挫しやすい、

その他

膝の痛み、腰の痛み、股関節の痛み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>