足首インピンジメント(後方・前方)改善 TYテクニック

後方

過度の底屈で踵外側後方に痛みが出現。圧痛あり

原因:足部底屈の際に腓骨(外果)が内旋前方に移動するが連動が上手くいっていないと考える。

方法1:1点調整 膝関節(脛骨ロック)を外すため軽度屈曲位で行う。背屈位スタート。底屈と同時に腓骨内果を前方内旋位に圧をかける。

方法2:2点調整 膝経度屈曲位、背屈位スタート。脛骨粗面外側を拇趾で圧、足部底屈動作に合わせて腓骨内果+脛骨粗面外側を内旋に圧をかける。

方法3:3点調整 膝関節軽度屈曲位、背屈位スタート。患者に脛骨粗面外側拇趾で圧してもらう、術者は腓骨内果と踵骨を把持、患者に底屈してもらいながら内旋方向に圧、踵骨は内転方向に圧。

※足部の底屈動作で踵骨(距腿関節)は内転動作が入るが、連動が上手くいっていない場合がある。

ファイル_008

方法1:1点調整 膝関節(脛骨ロック)を外すため軽度屈曲位で行う。背屈位スタート。底屈と同時に腓骨内果を前方内旋位に圧をかける。

ファイル_007ファイル_006

方法2:2点調整 膝経度屈曲位、背屈位スタート。脛骨粗面外側を拇趾で圧、足部底屈動作に合わせて腓骨内果+脛骨粗面外側を内旋に圧をかける。

ファイル_004ファイル_003

方法3:3点調整 膝関節軽度屈曲位、背屈位スタート。患者に脛骨粗面外側拇趾で圧してもらう、術者は腓骨内果と踵骨を把持、患者に底屈してもらいながら内旋方向に圧、踵骨は内転方向に圧。

ファイル_002ファイル_001

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>