靴の問題

スリッポンタイプは足首が安定しないため足首が緩い(グラグラ足首・グニャグニャ足首)の方が履くと足首が歪みやすくなり足首の痛みや膝腰の痛みを引き起こしやすい。

ファイル_003 (1)

靴の入り口が伸び伸びの古くなった靴は踵のフォール度がなくなり安定しない。グラグラ足首、コチコチ足首、グニャグニャ足首はさらに足首の状態は歩くなり痛みが治らない原因でもある。

左が古くなった靴(踵がのびのび)、右は新しい靴踵がしっかりしていて安定する。

ファイル_004 (2)

 

左の靴のかかとが内側に倒れ込んで崩れています。このような靴を長く履いていると足首はどんどん歪み悪化します。

ファイル_002 (2)

 

靴は正しく選ばないと体の不調につながります。足首が痛い膝が痛いなど不調が治らないのは靴の選び方に問題か今の靴をも一度確認してほしいです。

紐の結び方も重要で、靴ひもを途中までしか縛らない、もしくは脱ぐ履きを楽にするために緩めて履くなどは長く歩くときや運動するときは、絶対にやってはいけないことです。

ファイル_001 (3)

上まで紐を結んでも緩いようなら、緩い方を予備の穴一つ上まで紐を通して結びましょう

ファイル_000 (11)

 

人の多くは左右の足の大きさが違うためできるだけ左右の靴の履いた感覚を一緒になるように紐を調整して結びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>