当院のこだわり

外反母趾・足裏の痛みの原因は悪い歩き方にあったのです!!
悪い歩き方は「足裏機能の低下」「間違った靴の選択」
そして「正しい歩き方を知らないだけ」なのです

改善に導く3つのポイント!!

POINT1 足裏機能の回復について

足はすごい!

それは、足が人間という構造物の土台(基礎)となるからです。人間は人体の中の、わずか2%の足裏の部分でバランスを保ち立って歩いています。これは、ごく自然ですが、考えるとすごいことです。

普通に考えたら、不安定で立てないし、歩けないです。そして、この足裏の歪み機能低下が体だけでなく心にも影響を及ぼします。

まちがった靴の選び方、あなたは大丈夫ですか?

足裏の機能には、3つあります。それは”安定機能・免震機能・運動機能”です。現代人はこの3つの足裏の機能が低下しています。足裏足指の機能が衰える原因は足の歪み「浮き指(指上げ足)」による足指足裏の力不足からおこります。外見上で歪みを見ると外反母趾・巻き爪・偏平足・ハイアーチ(甲高)・たこ魚の目・内反小指・内反足・外反足などで判断できます。

足裏足指の歪み衰えの機能低下は、靴の発達と道路状況の発達に関係していて、文明の発展と共に便利になった代償として足を使わなくなり足裏足指の力不足・退化が起こっていることが伺えます。

1. 安定機能

体のバランスを保つ機能のことで、内側縦アーチと外側縦アーチ、それと横アーチ、5本の指アーチと踵で絶妙な調整能力で体のバランスを保ち倒れたり傾いたりしないようにしています。

※足のアーチは崩れるためにあるのです。崩れないように支えてしまうことは良くありません。

2. 免震機能

歩いたり、走ったりしたときに起こる地面との衝突を、やはり3つのアーチと指アーチで衝撃を吸収して、体に起こる負担を和らげて体を守ります。特に人間にとって首への衝撃は致命傷となりかねないため、衝撃が首まで伝わるまでには膝関節・骨盤・脊椎などで吸収され首に過剰な衝撃が加わらないようになっているため人間は生命を維持できます。しかし、現代人はこの衝撃が足裏でしっかりと吸収されないため膝を痛めたり腰を痛めたりしています。首がいたい方は要注意です。首は脳と自律神経の連結部位のため、この部位に過剰な衝撃が加わり繰り返していると自律神経不調をきたし原因不明の体調不良になりかねません。

3. 運動機能

立つ歩く走るなど、運動を司る機能で、主に筋肉の強さや足指の巧緻性を言います。歩くときや走るときには、足裏ではかかと付近から指先に体重移動が行われています。この時、アーチが崩れすぎないように筋肉や靭帯が活動しスムーズな体重移動を促し最後に指アーチで地面を押さえて前進力が生まれ前に進みます。このとき指の動きがなければ、効率よく力を伝えきれず、前進力は弱くなり、他の部位に力が入り、効率的な運動にならなくなります。立つときも歩くときも、足裏では絶妙な筋肉運動が行われています。

足裏の機能について詳しくはこちら

足裏の機能が衰えているかを確かめる簡単な方法①

痛みがあったり、外反母趾や指上げ足が見られたりすれば、足裏の機能低下の判断はつきやすいです。ただ、見た目は何でもないですが、大半の人は足裏の機能は衰えています。
それを確かめる簡単な方法をお伝えします。

足裏の機能低下チェック法

項目に一つでも当てはまれば、あなたの足裏は衰えています。

  1. 片足立ちで膝をなるべく上げて30秒立っていられるか?
  2. 手を前に伸ばしたまましゃがむ動作をするとしゃがめず後ろに倒れる
  3. つま先立ちができない
    (又は出来てもわずか数秒 ふらつく)
  4. グーパーと指が思いどおりに動かせない
  5. 手の指が足の指の中に入れられない(入れても痛くてしかたない)
  6. 親指をぐるぐる回すと 痛い、コリコリ音がする

足裏の機能が衰えているかを確かめる簡単な方法②

自分の足をよく観察することなどほとんどないと思います。よい機会なので、一度良く観察してみてください。きっと思い当たることがあると思います。

  1. 1. 外反母趾、内反小指

    これは見た目ですぐに分かります。足の親指が曲がっています。
    15度以上は外反母趾と判断されますが、見た目で曲がっていたら外反母趾を疑ったほうが良いと思います。

    外反母趾について詳しくはこちら
  2. 2. 指上げ足

    外反母趾と違い、見た目にはっきりと分からない場合が多いです。指が曲がっていないため、正常と見られ安いですが、外反母趾よりも厄介な症状です。指上げ足(浮き指)は、歩くときに指が地面と接触がなく、指の付け根中足部位で体重を支えて歩いています。指上げ足の人は、指の付け根中足部位にタコや魚の目が出来ていて、とても硬く根が深くなっています。
    これは体重が中足部位に集中して足の骨を守るため皮膚が硬くなる体の防御反?の一つです。指上げ足(浮き指)を確かめる方法は2つあります。

    1. 足首を90度に曲げてみると指が反る
    2. 親指を足の甲に近づけるように曲げてみると90度以上曲がってしまう。
    指上げ足について詳しくはこちら
  3. 3. 偏平足

    よく子供の頃プールでの足跡がぺったんこで、土踏まずがない足跡を見たことがあると思います。小学生の低学年はまだ土踏まずの形成は完成されていないため、よくあることですが、高学年になっても土踏まずがなく形成されないことがあります。近頃の子供たちは、この土踏まずの形成が遅いというデーターも見たとこがあります。大人でも足裏の筋肉が衰えると土踏まず崩れることもあります。要注意です。

    しかし、生まれつき遺伝的な場合もあるため、一概に良くないとは言えず、家族などの足も見て判断したほうが良いです。あと、スポーツ選手に多く、足の親指の筋肉が発達して太くなり、そのために偏平足になる場合もありますが、これは偏平足と言わないです。

  4. 4. ハイアーチ

    偏平足の逆に、土踏まずがありすぎて足の甲が異様に高い場合(甲高)があります。これは逆に発達しすぎていると思われがちですがよくみると指上げ足(浮き指)の足に多くみられ、指上げ足(浮き指)で指が上がる分、中足骨が下がり、甲が盛り上がります。これも疲れやすい足のため、色々な障害を引き起こします。このような足の場合は、足裏測定をすると下記のように移ります。

  5. 5. 巻き爪

    爪のトラブルに多い、巻き爪も足裏足指の退化の現象です。痛みがなくても巻いている爪は指の踏ん張りがなされていない証拠です。痛みが出る場合は爪が肉に巻き込んで、痛みが発生します。そのため親指をかばうことにより、悪い歩き方になろ悪循環。巻き爪は自然に治るものでなく、矯正や手術などで治します。本当にひどければ手術を勧めますが、少し時間がかかりますが、当院では巻き爪ケア矯正(インベントBS)を行っているため一度ご相談ください。早めにケアすることで悪い歩き方の予防になります。

  6. 6. タコ・魚の目・角質

    タコ・魚の目・角質は、悪い歩き方を促す原因となります。理由は、足裏の感覚が鈍くなるため、足裏の着き方に癖がついてしまいます。タコや魚の目は、痛みを伴うため、当然痛みをかばう悪い歩き方になります。ほとんどに人が自分で削ったり、市販の薬剤で取り除きますが、なんども再発して困っている方が多いようです。今はタコの中に魚の目がある難治なものもあり、素人の対処法はお勧めしません。専門の機関に相談して対応しましょう。

  7. 7. 爪の切り方

    爪も正しく歩くために必要な大切な体の一部と知っていましたか? 爪があるから指の踏ん張りが強くなり、肥厚爪・深爪や爪の切り方の良し悪しで歩き方が変わってきます。  当院では、正しい爪の切り方や爪のケアの指導も、正しく歩いていただくために行っています。

今、子供たちの足にも異常が起きている

子供たちの足裏の発育状況が良くなく、運動の苦手な子供が増えています。外で遊ぶことも少なく、家の中でゲームをする子供たちは、足指の運動が不足がちで、よく転ぶ、走る恰好が変、敏捷性がなく、転んで骨折することが多くなっています。それに加え、子供のファションも進歩して、デザインばかりに気を使い機能性に乏しい靴が増え、小さな時からそのような靴に足を拘束され、足裏の発育を遅らせているようです。小さな子供は、外で元気よく裸足で遊ばせるくらいの方が、良いのではないかと私は思います。それと、足指の運動は、前頭葉に刺激を与え、運動能力だけでなく積極的な性格なども影響するとも言われています。

足の未発達の子供たちが、スポーツをしていくことで、スポーツ障害が増え、挫折感を味わい、スポーツから遠ざかり、内向的な性格になっていくことを防ぐ意味で、子供の足のケアは、今後の社会問題にもなることだと思います。

子どもの足が危ない詳しくはこちら 子供の足と健康

症状別に詳しくみる(外部サイト)
オスグット痛
踵の痛み
スポーツ障害

子供たちの足を守る。子供を導く

子供の健康な心身の成長を願うお母さんお父さんに、当院がお伝えする「子供のフットケア整体」を自宅で実施して、子供の足裏から健康的な心身の育成をしてください。子供には無限の可能性が眠っています。

ブログはこちら http://ameblo.jp/ashiurasaitama/entry-11018240671.html

当院ではカサハラ式足裏バランステープ法を導入

カサハラ式足裏バランステープ法は、笠原先生が30年の臨床経験で導き出した、最も効果的で効率的な方法です。このテープ法を施すことで、足裏の機能低下を起こした足の機能を回復させ正常に足裏の動きを促します。どんな足にも施せるため、当院では、カサハラ式足裏バランステープ法を積極的に取り入れ、足裏の機能回復を行っています。テープ一つ一つに意味があり、理にかなっているため、殆どの人が、テープを施した後は、足が楽になり、正しく足裏を使うことが出来ます。このテープを行うことで足裏の3つの機能(安定・免震・運動)は回復されて、今までにない安心感に包まれるでしょう。

当院ではカサハラ式足裏バランステープ法を導入

POINT2 正しい靴の選択について

「裸足が一番気持ちいい」が結論です。

しかし、靴は現代人にとって欠かすことのできない道具です。
機能的、衛生的、安全性、ファション性と色々。その状況でも、忘れてはいけないことは、靴は道具の一つでしかない。やはり、自分の体の一部である足自体に関心がなくてはいけません。

まちがった靴の選び方、あなたは大丈夫ですか?

当院に来られる、ほとんどの患者様が間違った靴の選び方をしています。

実際に測ってみると22cmしかない足なのに、24.5cmの靴を履いていたり、足幅が広くもないのに広いと言い広い幅の靴を履いていたりしています。当たり前の事ですが、靴は足の長さと足の幅を考えて選ぶべきでしょう。

当院では、コンピュータによる足裏測定を行い、正確な足のサイズ・足裏の機能についてアドバイスしています。

当院ではあなたの現在はいている靴の調製をしています。

つま先が前にすべる、かかとがプカプカする、中敷を入れたいなど、お気に入りの靴なのに履きにくなどありましたら、一度ご相談ください。靴の調整アドバイスも行っています。

※調整できない場合もありますのでご了承ください。

女性の靴の選び方をアドバイス

お店での靴選びについて

靴屋さんで、履き靴をすべて選んで並べ、一つ一つ履いて店内を歩き回る。
少し歩いただけでは良くわからないため、恥ずかしい気持ちを消して、歩きまわること!!

何度でも履き変え歩くこと、納得のいくまで履く歩くこと、店員さんは、お店の売上や、売りたい靴を進めてくる可能性もあるため、自分の目的をしっかり持ち店員さんと話し合う。(面倒な顔をする店員や店であれば、良くない店や店員さんなので買うのをやめて引き上げる) 靴選びは理屈よりも、履いて歩くことが重要。

靴は人間が活動するために大切な道具です。妥協はしてはいけません。

靴の選択の規準
  1. 踵がしっかりフォールディングされていること

    踵が浅く、脱げやすかったり、ブカブカでは歩くときに足首がブレてしまい、不安定になってしまいます。

  2. 足の甲がしっかりフォールディングされていること

    紐靴であれば、紐で調整できますが、女性の靴は紐がない場合が多く、足甲がないものが多 いです。しかし、踵と足甲がしっかりしていないと、足が安定しません。足の甲は紐などで抑えられるような靴を選んで下さい。

  3. つま先が緩すぎずきつすぎず

    外反母趾など足の痛みを持つ方は、どうしても幅広を購入しやすく、店員さんも知識がないため、外反母趾や足の痛みには幅広をすすめます。幅広は逆に足を衰えさせるため、足幅にも注意して選んでください。

  4. 中敷きの素材

    女性の靴は、中敷きが滑りやすく出来ています。 中敷きが滑りやすくストッキングを履いて靴を履くと、余計にすべります。靴の中で足が滑ると足指で踏ん張ることができずに中足の部分が痛くなり、硬いタコが出来ます。

  5. 履いて歩いているときにグラグラと不安さがないこと

    良く見かけるのですが、後ろから見ると足首あたりがグラグラして体が横揺れしている女性がいます。今にも転びそうで、一人地震を起こしています。履いて歩くときは、このグラグラ感がない靴を選んでください。

  6. クッショ性に良いものを

    足裏の機能が衰えている方は、クッション性の良い靴を選んでください。地面からの衝撃を吸収しなくては体への負担が大きいです。正しい歩き方が出来るとクッション性がなくても、地面に優しく足をおいて歩くため、地面からの衝撃は緩和されています。しかし、正しい歩き方を知らない方は、正しい歩き方を身につけるまでは、クッション性の良い靴を履いて体を守りましょう。

足と靴の関係について詳しくはこちら

靴屋さんに物申す

当院に来られる患者様は、一度は健康靴を専門に売る靴屋さんに相談して、靴を創り、それでも改善しないために来院してきます。靴選びには専門家の指導のもと、合う靴を提供されるはずで すが、効果が出ないのはなぜでしょうか?

その原因は、外反母趾の靴の選び方は、親指の付け根が出っ張り靴に当たり痛くなります。当たらないように幅を広くすれば解決するという発想です。この対策は逆に外反母趾をひどくさせています。外反母趾の方は、開張足でつま先が広がり外反母趾をひどくしています。広い靴を履く ことで開張足が進行するため、益々外反母趾を進行させることにつながります。それと、靴の中 で足先がすべり動き不安定なため、指上げ足になり指の付け根が痛くなります。これは外反母趾や緩い靴をはいて歩いたことのない人にはわからないことです。私は、緩い靴を履いて実際に経験しています。どうしても机上の理論で進む対策は、空想的なことが多く、現実的でない事が多 く、役に立ちません。

靴屋さんは、もうすこしお客様の声を聞き、靴の開発に力を入れて欲しいと思います。私も、そのような靴屋さんがいたら提携して患者様の靴選びに協力できたらと思います。今は、アドバイ ス的なことしかできません。

靴屋さんにお願いするポイント

  1. 外反母趾は必要以上の幅広の靴は逆に足に良く
  2. インソールの作成は必要ない、フラットが良い
  3. 軽い靴より、すこし重たい靴がいい
  4. 踵は深く、包みこむようなフィット感が欲しい
  5. 足の甲は紐またはマジックで抑えられるなど、理想はそれにファション性が加わればよいです。

医療系に物申す

医療機関も、今オーダーのインソールを作成したり、靴屋さんと提携して靴を作成したりしています。靴は15万もする高価なものまであるようです。当院にも15万かけて作ったものが、合わず に下駄箱に閉まってある方が来られました。

そのことを、お医者様に言うと、なれるから待てとか、しょうがない、とかで患者様が諦めてしまっているケースが多いようです。私に言わせれば、返品してあげて欲しいです。それか、患者様が納得のいくまでアフターフォローしてあげるべきではないかと思います。

インソールに関しては、フラットが良く、凸凹は良くない、なぜなら、人間のアーチは荷重が加わると崩れて分散するためにあるので、崩れないように凸凹を入れてアーチを支える事は逆に足裏には負担となります。それに、実際凸凹の中敷きを入れて歩いてみると痛い、違和感がありま す。これは凸凹のインソールを入れて歩いてみないとわかりません。ほとんどの患者様は痛いと言っています。そして当院のフラット(平らな)なインソールに変えると、大変楽になります。
これも患者様の声をもっと聞いて開発すれば良いと思います。

学生の指定靴に意見あり

高校生の指定靴はローファーが多く、この靴が学生の足を 悪くしていると感じます。
この靴は踵が浅く、足甲がしっかり締められず、足が靴から脱げそうになることがいけません。脱げそうになる靴は脱げないように、指先を靴の上に引っ掛けてサンダルのよ うにはいています。踵はパカパカと脱げ、踵を引き釣り、見ていてもだらしないみっともない歩き方になっています。もうすこし子供たちの足の事を考えて、安定した靴を履かせてあげたいと思いますが、学校関係の方々はどのように感じているのでしょうか?

ローファーの、こんな悩みを解消しましょう。

ぷかぷか、ぱかぱか・・・ゆるい脱げそうな高校生の足元は、不安定です。足元の体の土台が不安定だと、気持ちも不安定になり不健康の元です。早めの改善をお勧めします。当院では、買い替えない方へのアドバイスとして、下記の方法をオススメします。

  1. 中足部のジェルクッションを入れて滑り止めする
  2. かかとの緩さを解消するには、ジェル状のかかと脱げ防止ジェルを貼る

子供の靴の選び方に注意して

よく子供の靴を見ると、大きい靴を履いていることが多いです。すぐに大きくなるから大きめの靴を買っとけば長く使えて経済的と考えるでしょう。それは、全くの勘違いで子供の健全な発育を考えたら、逆効果です。子供たちの足の不調は、靴選びにかかっています。正しい靴を選ばないと、指上げ足や外反母趾が進行して、逆にスポーツ障害などを引き起こし、病院通いで無駄なお金が流れてしまいます。頻繁に変えても靴のサイズ選びは慎重に考えてください。

  1. 幅広はダメ
  2. 大きすぎる靴はダメ
  3. 小さすぎる靴もダメ

子供の靴の選ぶ手順

  1. かかとをトントンとする
  2. 指を靴の中で動かせるか確かめる
  3. 体重を乗せて、指の先が5ミリから1cm余裕があるか確かめる

当たり前のことですが、意外と靴の選び方がわからない方が多いのです。

学校の上履きにも注意が必要です。

子供は学校にいる時間が多いです。学校は上履きのため上履きの選び方にも注意が必要です。クッション性があるか?学校の廊下は硬いため発育途中の足には負担になります。つま先がきつすぎず、適度な余裕があり、指を動かせる足の甲がマジックテープでしっかり固定できるか?脱げそうな靴は指上げ足や外反母趾の原因です。

当院では、とてもよい上履きを販売しています。専門化が推薦する、学校上履きを履いてみて選べます。

詳しくは → http://www.power-shoes.com/html/newpage.html?code=22

POINT3 正しい歩き方指導について

外反母趾・指上げ足で
困っている患者様の共通する歩き方がある

ペンギン歩き

踵に重心を乗せたまま、踵で歩く悪い歩く方の癖この歩き方は、からだに良くないだけでなく、気持ちもマイナス思考になります。今こそ、歩き方革命を起こして、本当に正しい歩き方を身につけてください。歩き方を変えればからだが変わる歩き方を変えればこころが変わる

歩き方を変えれば人生が変わる

当院が指導する「正しい歩き方」

よくウォーキング教室やテレビなどで紹介される歩き方とは違います。どこまでもからだとこころにやさしい歩き方を追求した結果、導き出した「正しい歩き方」です。
私はこれを、自然体バランスウォーキングと命名しました。自然体バランスウォーキングは、地球にやさしい、人にやさしい自然と調和をテーマとしています。自然体バランスウォーキングを実践して健康で明るい人生を歩んでください。

外反母趾・指上げ足の患者様に共通する歩き方

ペンギン歩きを動画で見る

冒頭でも述べたように、踵に重心を残したまま、次の一歩を出して歩く、踵歩きが特徴です。これを私は「ペンギン歩き」と呼んでいますが、なぜこの歩き方が良くないのかを説明します。一見楽そうに見える歩き方ですがとてもリスクが大きく、改善したほうが良いでしょう。

通常はかかと付近から土踏まずを通り、つま先に体重が移動することで次の一歩の足がでることが理想ですがこの踵歩きは、体重移動がなく、踵に重心が残ったまま次の一歩を出しています。この歩き方はつま先への体重移動がなく、つま先の地面を押さえる動作がないためつま先の運動がなく、そのため足裏の筋力が低下し、足裏の機能低下を引き起こしています。(指の地面を踏ん張る力は、足裏の筋力で行う)

外反母趾・指上げ足の方は、この指先の活動がなく、指の動きが退化しています。もちろん足裏の機能も低下しています。

動画の注意して見るところ
  1. 歩くときに指先の反り上がる瞬間
  2. かかと着地の瞬間
  3. 足が上がらない、足を引きずるような歩き方

この3つの現象には、原因がありあります。その原因を簡単に言うと、膝を上げず、自分の適した歩幅よりも広く歩くためです。横着な歩き方といっても良いかと思います。

あなたの歩き方は大丈夫ですか?

3つの歩き方で、正しく歩けているか試してください。

  1. 後ろ向きに歩く

    かかとに重心が残り、かかとで歩く人は、後ろ歩きをすると後ろに倒れそうになるため、歩けない、ぎこちない、倒れてしまう。
    ※重心の位置が足裏のどこにあるかがわかる

  2. 膝を高く上げて歩く(膝は腰の位置まで上げる)

    膝を高く上げられない人は、正しい姿勢を維持するための大腰筋が衰えている。膝を上げられてもフラフラでバランスが保てない人は、大中殿筋(お尻の筋肉)が衰えている。
    ※バランス感覚・バランスを保つ筋肉群の衰えレベルがわかる

  3. 頭の上に本を乗せて歩く

    本がすぐに落ちてしまう人は、歩く際に中心・軸がぶれていて、上体の不安定さがある。
    ※軸がブレてフラフラして歩いていることがわかる

どうですか? 全部うまく出来ましたか?
どれかひとつでも出来なければ、正しい歩き方をするために必要な機能・能力が衰えています。

悪い歩き方と正しい歩き方の違いとは

悪い歩き方

踵から着地、踵に重心をのこした踵歩き、膝を伸ばして歩く、膝が上がらず踵を地面にすっている(靴の踵が減る方要注意)
つま先が外を向いている(現在女性に多い、本来なら女性はすこし内股傾向にある)
つま先で地面を蹴って前に進む(ウォーキング教室などではよく指導されています要注意)
歩幅は広いコツコツドスドスと大きな音が歩くたびにする(人に指摘される自分ではわからない、家の中が分かりやすい、歩くとうるさいと言われる)
歩く姿がダラダラ・フラフラ・セカセカしているように見える雑な感じ

症例

正しい歩き方

足裏全体で着地
足裏での体重移動がスムーズに行われている
膝はやや曲げクッションを活かす、膝がやや上がり歩く(靴の減り方が遅い)
つま先は進行方向に向いている つま先で地面をけるのでなく体重移動で地面から離れ一歩がでる
歩幅は肩幅程度
大きな音が立たない静かに歩いている一歩一歩丁寧に歩く感じ

「正しい歩き方」指導風景

「正しい歩き方」を指導する唯一の整体院

自分の歩き方なって、見たことないですよね
当院の歩き方指導は、あなたの歩いている姿をビデオに撮り、一緒に分析をしながら、どこが悪いかを見ながら、治していきます。

  1. あなたが歩いているところを撮影します。
  2. 二人であなたの歩き方を見ながら修正箇所をご指導します。
  3. なんどか修正した歩き方練習してから、またビデオに撮る
  4. 最初の歩き方と修正後の歩き方を見比べて改善効果を感じます。
  5. 最後に次回までの宿題(練習箇所)を伝えて終了です。

お疲れ様でした。次回の効果を楽しみにお持ちしています。

正しい歩き方をマスターするためのトレーニング方法

当院では、独自の方法でトレーニングしてもらいます。簡単ですが効果大です。
初めて指導を受けられた方は、なるほどと感動していただいています。

1. リズム行進(前歩き・後ろ歩き)リズムの習得

正しく歩くには、リズムが必要です。リズムに合わせながら、前に歩く、後ろに歩くを繰り返してください。1、2、3、4、5、6、7、8とリズムをとって歩くと、自然と膝が上がります。気持ちも明るくなり、歩く姿に勢いがつき、人の目からは元気にエネルギッシュに、あなたは移っています。リズムをとることを習慣化すると、次第に無意識でも出来るようになるため、日常の中に取り入れてください。

2. 障害物超え歩行バランス感覚の向上
障害物越え歩行を動画で見る

これは膝をしっかり上げる癖を付けるためのトレーニングです。通常の歩き方では、ここまで膝を上げることはしませんが、トレーニングは動作を大きくが原則のため、オーバーに動作をしてもらいます。このトレーニングの効果は、膝を上げるときに使う大腰筋が鍛えられます。大腰筋は正しい姿勢を作るために大切な筋肉です。あと膝を高く上げることで片足立になり、バランス感覚が養われます。バランスを保つためには、足裏でしっかり立ち足指を使い微妙に調整します。中殿筋も活動するため、このトレーニングはとても有効です。
ゆっくり行ったり、早く行ったりとスピードを変えることも大切です。

3. 頭の上に本を乗せての歩行訓練中心軸・重心軸の認識
頭の上に本を乗せての歩行を訓練を動画で見る

これは、モデルさんなどが良く訓練するときに行うもので、軸をぶらさずに歩く練習です。軸がブレてふらついている方は、すぐに頭から本が落ちてしまいます。これを習得すると、軸がブレずに無駄な力を入れず姿勢よく歩けます。見た目もエレガントに美しい歩き方に変わります。歩く姿は美しく、一歩は丁寧で穏やか毅然にと、その人の心を写します。

正しい歩き方を早くマスターするためのイメージトレーニング

砂利道歩行を動画で見る

歩くことは、片足立の連続動作です。常に片足立でバランスをとりながら歩いているイメージを忘れないでください。頭の上に本がのっているイメージを浮かべながら歩くのも良いと思います。足裏の着地の感覚は癖で強くつく事が、なかなか抜けないときは、一度砂利道を裸足で歩いてみてください。足裏を守るために慎重に丁寧に踵から着地でなく、足裏全体を着地させて痛みを分散させるはずです。あと雪道を歩くイメージも良いでしょう。転ばないように一歩一歩を慎重に丁寧に雪の上に置く気持ちは、まさに心のこもった一歩です。

  1. 頭の上に本を乗せて歩く
  2. 雪道の上を、すべられないように慎重に歩く
  3. 砂利の上を足裏全体で痛みを分散して歩く
  4. 平均台の上を落ちないようにバランス感覚を研ぎ澄まして歩く
歩きのトレーニングを自宅でするときの注意事項

正しい歩き方は、足裏の機能を回復させて自分に合う靴をはくことです。決して焦らず、ゆっくりと正確に歩くこと、間違った歩き方でいくら歩いても、正しい歩き方は習得出来ません。院で学んだ歩き方を自宅で復習してください。その繰り返しで習得していきます。始めは意識で最終的には無意識に至れば良いと思います。

なぜ?今更歩き方を学ばなければならないのか?

私たちは、ごく自然に歩いています。自然であたりまえだから、ここに感謝や敬意がおろそかになりがちです。
忙しい日常で感謝を忘れて自己中心的な発想で生活を送っています。その心は、歩き方に現れると感じています。歩き方は意識を変えれば、誰でも簡単に治せます。

ちょっと丁寧に歩いてみようとか思えば、簡単に歩けます。意識の問題です。
私が自然体バランスウォーキングと呼んでいるのは、自然と調和して歩く姿こそ人間の本来の姿で、地球を思いやることで、自分自身も思いやることにつながり、それが自然と調和した姿です。

なにも考えず地面に着地していた足を、ほんの?し真心を使って地面においてあげることで、何かが変わり始めます。

  • 正しく歩けば、体が変わる
  • 正しく歩けば、心が変わる
  • 正しく歩けば、人生が変わる

地球にやさしい 人にやさしい 自然と調和をテーマにした健康・幸せ・豊かさが引き寄せられる不思議な歩き方です。