外反母趾の原因

外反母趾の原因はなんだろう!

外反母趾の原因には、さまざまの起因が隠れています。しかし、共通して言えることは、親指や他の指の踏ん張る力不足が原因で起こります。

踏ん張る力不足は、他の施設では言われるこちが少なく患者様自体も認識している方は少ないです。

当院では足指で踏ん張る立ち方や歩き方を指導していますが、全員が足指ってこんなに使うんだと改めて認識していただいて喜ばれています。

なぜふつうは出来なくてはいけない足指で踏ん張ることができなくなるのでしょうか?

その原因は下記に様な環境にあることが近年解明されてきました。

足裏の刺激不足

足裏の刺激不足により、足裏反射(原始反射)が衰え退化したと考えます。通常は足裏に刺激が入りことで指が自然と地面を踏みしめる行動が起こるのですが、足裏の刺激不足で足裏に刺激が入っても踏ん張れなくなっています。

足裏マッサージなどが効果的です。

※時間がなく忙しいなど面倒などの方は、院長お薦めの足裏マッサージ機があります。店頭にて販売していますのでご相談ください。

院長推薦!足ラクーノ

これは本当にすごい効果です。足裏マッサージの極みですね。

効果
足のアーチ回復
足指が伸びて踏ん張り力向上
足裏反射区の刺激で健康増進

外反母趾は浮き指が原因!?

浮き指(正面から見た状態)

浮き指は、踏ん張らないことで足指が退化した状態です。正面から見て指が浮き指の付け根が見えてしまうのは要注意ですね。

浮き指(横から見た状態)

横から見ると指が上に反り上がるように見える浮き指の特徴です。

外反母趾はきつい靴が原因!?

きつい靴は指の動きを妨げて動かなくしています。このような状態では足指は踏ん張れないため次第に退化していきます。

外反母趾は緩すぎる靴が原因!?

今、外反母趾シューズなどで幅がやたらに広い靴が多く売られています。原因は外反母趾は親指付け根が出っ張り足幅が広がるため、広くすれば当たらなくて痛くなくなると勘違いしている方が多いようです。

実際は、緩すぎる靴は外反母趾を悪化させていきます。

外反母趾はハイヒールが原因!?

もちろんハイヒールもいけませんが、ハイヒールでも足が痛くならない方がいます。そんな方は、足指で地面を踏ん張ることができています。ハイヒールを履くと前重心になると考えられていますが、実はハイヒールを履いても踵重心の方が多いです。足指に力が入らず踵で立ち歩いているため浮き指の原因です。

ハイヒールも履き方次第では足指が鍛えられる良い道具と考えます。