股関節の痛みの原因とは?

股関節の痛みの原因には、いくつかあります

股関節の痛みと言っても色々な原因があります。それに合った良い方法で治してあげることが大切です。

変形性股関節症とは?

関節の摩耗のため軟骨がすり減ったり、骨の変形が生じたりする病気です。
一次性(加齢性)と二次性(先天性)などの要因がある。

女性に多く80%は二次性が多いようです。生まれつき股関節の骨盤側の形が小さい臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)、発育性股関節脱臼(はついくせいこかんせつだっきゅう)どがある。

変形性股関節症は変形の程度によって初期、進行期、末期に分けられます。
初期は、動かし始めのこわばりや疼痛など階段の上り下りなどで股関節や臀部付近に痛みを感じる。
初期でも炎症が強く関節液がたまっていたり、関節唇が損傷されていたりする場合には強い痛みがあります。

進行期から末期にかけては爪切りなども制限され日常生活に支障をきたす。自発痛や夜間痛なども起こる場合がある。

弾発股とは?

腸脛靭帯が大転子を通るときに起こります。大転子が少し外へ出っ張ると、腸脛靭帯が横切るときに音がきこえます。

繰り返されると炎症を起こして痛みます。

ペルテス病とは?

正式にはレッグ‐カルベ‐ペルテス病(L‐C‐P病)と呼ばれますが、日本では慣用的にペルテス病と呼ばれています。

小児期に、股関節内の大腿骨頭(だいたいこつとう)(大腿骨の骨盤側、球形のため骨頭と呼ばれる)部の骨端核(こつたんかく)(成長軟骨部)が障害される病気です。

股関節痛のため歩行が困難になったり、跛行(はこう)(歩く様子に異常を認めること。左右の下肢長が異なること、痛み、筋力低下などが原因で起こる)を生じます。

骨端症の一種で、同じ部位に発生する成人の大腿骨頭壊死症と異なり、小児の旺盛な修復機転により骨成長期を通じて大腿骨頭は修復されます。

病変部の大小により治癒の程度に差を生じます。
大腿骨頭骨端核(成長部)の血流障害と考えられていますが、血流障害が発生する原因は不明です。

骨端症のなかでは最も頻度が高く、3〜4歳から10代前半までの広い年代に発生します。男子に多くみられます。

大腿骨頭すべり症とは?

この病気は、骨成長の最終段階に発症しやすく、徐々に時間をかけて慢性に経過する場合があることが知られています。比較的めずらしい病気であるため、診断および治療が難しいなどの特徴をもっています。

外傷の影響がはっきりしていて、症状の出現時期が明らかな急性の経過をとる場合。

日常動作や比較的軽微な外力により骨端線が障害されて発症時期がはっきりせず、慢性の経過をたどる場合とがあります。多くは、10代前半の男児に発生します。

ホルモンバランスが悪い肥満傾向の小児は骨端線の成長終了が遅れ、強度が弱い時期が長引いて、大腿骨頭すべり症が発生することがある。

股関節の近くの骨端線がずれて変形するため、痛みや関節の動きの異常、跛行(はこう:歩行の障害)が現れます。

大腿骨頭壊死症とは?

股関節内の大腿骨頭(大腿骨の骨盤側、球形の形のため骨頭と呼ばれる)の軟骨直下の骨が、血行障害により栄養分がとれずに壊死状態になって脆弱化(ぜいじゃくか)し、つぶれて破壊される病変です。

小児に発生するペルテス病は、ほぼ同様の部位に発生しますが、修復能力が高いことが特徴です。大腿骨頭壊死は大人の血行障害のため、小児のような修復は望めず、治りにくく、厚生労働省の難病に指定されています。

アルコール愛飲歴があるか、ステロイド薬大量投与の既往がある人に股関節痛がある場合は、X線やMRIの検査を受けて大腿骨頭壊死か否かの診断を受ける必要があります。

股関節の痛みとして発症します。左右両側に発生する場合が半数近くを占めますが、症状の出現時期は異なることが多いです。