笠原巌先生の講演を聞いて決意文掲載

誓い

2012年5月20日の国際フォーラムでの笠原巌先生の講演会に参加して心新たにカサハラ理論の整体法である足元から健康を促すフットケア整体を社会に普及し人類の健康と進化に貢献していくことに力を注ぐことを私(冨澤敏夫)は誓います。

カサハラフットケア整体法のすごさ!

「足が大切です、足が原因です、足が悪いから、足が衰えているから、足が歪んでいるから」など足についてよく聞くフレーズです。みんなはなんとなくだけど「足」が「重要」と気づいていますが、なんで大切なのか?どこが悪いのか?どうしたらいいか?になるとはっきりと言えませんでした。しかし笠原先生は違います。足と健康の定義とは足は身体に対して3つの機能(①安定機能②免震機能③運動機能)を もって重力との調和を効率的に保ち健康と進化を促している。だから足は大切。そしてどこが悪いのかという問題には足指で踏ん張ることが出来ない「外反母趾 や浮き指」など指の力不足による足の不安定(足の異常)が問題。そしてどうすればよいかの問いには、足指の力を取り戻し踏ん張れる足指足裏を作ることと はっきり答えます。それだけでなく笠原先生のすごいところは具体的な方法を作り上げているところです。それがカサハラ式足裏バランステーピング法です。こ のテーピング法は力学的観点から力点支店作用点へアプローチすることで足裏のアーチが作られ、同時に足指のアーチも作り出され自然と足指を開かせ活動させることが出来るすぐれた整体法です。カサハラ式足裏バランステーピングをして日常生活を送るだけで足が鍛えられ安定してくるため、足の大切な3つの機能が回復強化されて足のバランスと同時に身体のバランスも整うということです。

カサハラ整体理論とは?(重要)

人も物も万物は地球上において重力と戦い、同 時に絶妙なコントロールでバランスを保とうとしている。そして重力とのバランスが保たれたところに健康と美が生まれ、進化が促されている。逆に重力とのバ ランスが崩れたところに痛み病気、醜さが生まれ、退化が促されている。つまり人間は進化・発展のために重力との力学的バランスを、効率性をもって最優先し ている。その重力とのバランスを最もコントロールしているのが人間の土台である「足裏」である。

足の異常(不安定)とは?

当院はカサハラフットケア整体理論に忠実に施し、足元から全身を癒す整体を行いま す。具体的には外反母趾・巻き爪・足の痛み主に行ってきた整体法を今後は腰痛・膝痛・首肩こり痛・自律神経不調・うつ状態・不定愁訴など足の異常を改善さ せて癒していくことを積極的に行います。なぜなら、足元の異常は人間の土台の崩れを指し、それは痛み不調を引き起こす前兆であり、足元が歪むとその上にある骨盤・背骨・首骨も歪みます。その歪みは腰痛・膝痛・肩腰痛などを引き起こす一因です。それだけでなく、足元の歪みから来る身体の歪みは自律神経不調やうつ状態、不定愁訴などの原因にもなるためです。そのため「足の異常」を理解することが最も大切であるため説明いたします。

足の異常とは?

1)親指が曲がっている(外反母趾)
2)小指が曲がっている(内反小指)
3)土踏まずが崩れる(偏平足)
4)足指が地面につかない(浮き指)
5)足指が短くなり縮こまる(ハンマートォー)
6)親指が反り返っている(指上げ足)
7)つま先の足裏にタコ魚の目が出来ている
8)足指の上にタコができている
9)爪が巻き時々食い込んで痛む(巻き爪)
10)足指の指と指の間が隙間なくくっついている(指間狭窄ヒール状指)
11)足の甲が高い(ハイアーチ)
12)足指でグーパー運動で指が開かない(機能低下)
13)だだっ広い足をしている(開張足)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>