足底筋膜炎、踵内側の痛みでバスケができない

茨城: 男性: 30代、来院回数: 1回 通院期間: 1週間、来院症状: 踵内側痛み、足底筋膜炎
症状説明: 一時より痛みが緩和されたが、運動するとぶり返す恐れがあるため来院。踵内側に圧痛あるため、圧の集中が考えられる。
原因1)左足アーチの崩れ 原因2)外反母趾 原因3)踵の外転  原因4)左下肢外旋変位 原因5)右下肢内旋変位

施術内容:

原因1)左足アーチの崩れ
原因2)外反母趾
この二つは、外販扁平を引き起こすため親指の踏ん張る癖付けとアーチの調整を手技で行う。
原因3)踵の外転
踵内転方向に調整する。
原因4)左下肢外旋変位
原因5)右下肢内旋変位
骨盤股関節~調整する。

今日、バスケに参加してもらい調整が成功しているか確認連絡をもらう。