足関節捻挫で腫れて足がつけない。仕事を休み様子みてたが 50代 男性 東京都世田谷

足関節捻挫で腫れて足がつけない。仕事を休み様子みてたが

50代 男性 東京都世田谷

捻挫をして病院へ行き、レントゲンで異常がないと言われギブス固定を2週間行ったらしい。腫れ痛みが尋常でなく骨折したかと思うくらい。

ポキンと音が周りにいた人に聞こえたぐらいで心配された。

2週間ギブス外して動いていたら痛みが逆戻り、激痛で足がつけない仕事も出られない状態。少し休んで楽になって仕事したらまた激痛でもう仕事が休めないと相談を受けた。

さて、見てみよう。

うあー!腫れている。見るからに痛いだろう。足がつけないほどの痛みが予想つく。

足首(足関節)が腫れで動かせない。さてどうしようと悩んだ。こういう時は基本に戻りアイシング?いや私の施術は「早く確実に治す」こと。アイシングだけでは足りない。

時間がかかるけど牽引で緩みを何とかつけていこう。・・・・緩んだ。今度は左右に揺らしてみよう。慎重に。

意外と緩む。次に矯正を入れてみたらうまくいった。どうかな?と歩いてもらう。

「足が着ける。痛くない大丈夫。」・・・明日仕事に出て痛みの有無を連絡ください。

・・・・2回目の施術。

「全然痛くなかった。ただ怖いからかばっちゃう感じで痛みはないです。」

見てみると、腫れがほぼ消えている。8割は治っている。

また調整して歩いてもらうと「いい感じ^^」と笑顔で答えてくれた。

足首を確実に早く改善するのは難しいけど、喜ばれるとうれしい。

さいたま中央フットケア整体院 院長 冨澤敏夫
048-789-7743
http://ashikubi2.jimdo.com/