外反母趾と足のタコが良くなりました

患者様のデータ

糸 和子様

実施日
2011年6月9日(金曜日) 女性
初回2011年3月6日来院 外反母趾、足のタコ、歩行困難

患者様の声

1)どんな症状で来院されましたか?
右足の第2指の上のタコの痛みと外反母趾で歩行が上手くできないため、息子に探してもらい来院いたしました。まだまだ自分の足で孫に迷惑をあ掛けたくな いため

2)来院することに不安はありましたか?
お医者様まに手術しかないと言われ、手術はしたくないと考えていました。治したため来院しました。不安よりも治したい気持ちが強く

3)来院して施術を受けての感想を聞かせてください

4)現在の症状はどうですか?
3ヶ月経過しました。現在は足の痛みに関しては、すべてなくなり、肩コリも軽くなりました。歩き方も気をつけています。歩くときに足指が使われている感 じが出てきて、嬉しく思っています。

5)来院をためらっている方にアドバイスをお願いします。
先生のアドバイスは適格で、わかりやすい説明です。ヒールはダメと言われると覚悟していましたが、「女性はヒールを履かないといけない状況もあるから」 と靴に負けない足をつくろうと、理解していただきました。やさしい先生でした。 私はきてよかったと思っています。まだためらっている方は、早めにケアした方が良いと思います。

先生からのコメント

青柳様の症状は、外反母趾でも軽度のです。しかし、痛くななったり痛かったりをくり返すことで外反母趾は進行しどんどん曲がってきます。早めに来院を判断 したことは、すばらしいと思います。当初はヒールのせいで痛くなると思っていたようですが、私が診たところ、歩き方に問題があるのではないかと考えまし た。案の定、歩き方を見てみると外反母趾や指上げ足の足裏の機能低下を起こす歩き方をしていて、本人は気づかずに生活をしています。足が靴に負けてしまう 状態だったのです。青柳様には、足裏の機能低下の原因は歩き方が問題と認識してもらい歩き方指導をし、今ではきれいな歩き方に近くなっいます。8割は良く ない歩き方をしていますから、指導した歩き方が人と違うと感じることがあるかともいます。しかし、指導した歩き方が正しい歩き方であり、からだにやさしい 歩き方ですので、自信をもって歩いてください。