外反母趾浮き指が坐骨神経痛を引き起こしている症例

患者様のデータ

女性 65歳 岩槻区

卓球を週1回2時間 あまり歩かない

患者様の声

主訴)2年前より左足全体が痛みしびれを感る。

その他>膝の痛みも出てきた >首肩の痛みこり >足の冷え >台所仕事でたっていられない。

先生からのコメント

dezain-tuikannbannzakotusinnkei

坐骨神経痛は腰部から起こりる神経不調で、腰に過度な負担がかかり、筋肉の緊張や椎間板骨などの変形変性が原因で起こります。

腰の負担は足裏の歪み衰え(外反母趾浮き指偏平足)が根本原因で、体の上半身の重たさと足裏から起こる過剰な衝撃が腰に上から下から挟み撃ちにされるダブル負担になります。

整体

足の歪み衰えをカサハラ式テープで調えます。次に腰(骨盤)をさらしを巻いて負担を和らげます。

まず3はヶ月~はがんばってみましょう