かかと(踵)の痛みと骨棘の形成症例

患者様のデータ

さいたま市在住 女性 58才

2012年6月6日来院

整体目標:骨棘の改善と足指足裏の強化
右足の踵の痛み、浮き指と偏平足、肩こり、腰痛、背中の痛みも伴う

患者様の声

昨年5月ごろよりテニスの後右の踵が痛くなり、そうこうしているうちに両足の裏が痛く なり整形外科足底筋膜炎?かと、踵には棘があるといわれた。足を使うといまだに踵だけが痛む。昨年9月に通ったマッサージは1ヶ月ぐらい、インソールも試 しました。原因はテニスで足を使うことが多かったかな?今は週1回にしています。骨棘を治してウォーキングやテニスをしたいです。

先生からのコメント

≫状態≪右踵の痛み(骨棘形成あり整形外科での診断)、浮き指で偏平足、長く歩くと足裏が痛くなる、ふくらはぎのむくみ、肩こり・腰痛も伴う

≫足について≪指と指の間隔が狭くくっいているため指が動かすことが出来ない浮き指でもあります。当然足裏の筋肉も衰えアーチが崩れ偏平足気味です。ふくらはぎもハリがあります。

≫靴について≪選び方は良いかと思います。足幅が狭いため長さにあわせるとブカブカしてしまうため、ぴったり目のサイズを選んでいるようです。アドバイスとしては23.5よりも24サイズで幅をEかDを選ぶと良いでしょう。

≫歩き方について≪踵に体重がかかりすぎているようです。アドバイスとしては踵を守るように音を立てないように歩いてください。

≫整体内容≪今回この方には、3日間テーピ ングとさらし固定を試しました。経過がよければ継続します。この方は痛みが少ないため、何点か提案しました。1)さらし固定を覚えていただき1ヶ月半巻い てもらう 2)テーピング又はサポーターで足指足裏の機能を高めることを1年行う 3)負担がかからないように生活を心がけ骨棘の自然吸収をまつことで す。個人に決めていただくようにお話しました。

Before

After