HOME >各コース紹介 >足の整体コース >準備中 >モートン病のコラム一覧 >モートン病とは|【足のプロ】整体師が解説
監修:冨澤敏夫(柔道整復師)N2024/4/1

モートン病とは|【足のプロ】整体師が解説

「モートン病」は足趾の神経が圧迫されて槌趾変形や中足骨の作業による多彩な神経症状を引き起こす病気です。痛みや疼痛、しびれなどの症状が出現し、深横中足靱帯の手術が必要になることもあります。。

参考:日本整形外科学会のホームペ―ジでご確認してください。

目次

  1. モートン病とは
  2. モートン病の初期症状とセルフチェック
  3. モートン病によく似た症状とは
  4. モートン病の放置がもたらすリスクとは
  5. モートン病の原因とは
  6. モートン病の発症要因を知ろう
  7. 歩きすぎや足にかかる負担との関連性
  8. モートン病の病院での症状と診断方法
  9. モートン病に現れる症状とは
  10. モートン病を診断する際のポイント
  11. モートン病の検査方法と診断の流れ
  12. モートン病の病院での治療法
  13. モートン病の治療法とは
  14. モートン病の施術方法について
  15. モートン病の病院での症状と診断方法
  16. モートン病を予防するためのポイント
  17. モートン病を防ぐための正しい歩き方とは
  18. モートン病を予防するための運動方法
  19. モートン病のマッサージ効果
  20. マッサージがモートン病に与える影響
  21. モートン病に効果的なマッサージのポイント
  22. モートン病の手術について
  23. モートン病で検討すべき手術の種類
  24. モートン病手術のリスクと効果
  25. 手術後のモートン病の経過と注意点
  26. モートン病と歩行バランス
  27. モートン病が歩行バランスに及ぼす影響
  28. モートン病の症状改善に向けた歩行トレーニング
  29. モートン病と歩行バランスの関係性を理解する
  30. モートン病と整形外科の関係
  31. 整形外科でのモートン病治療の流れ
  32. 整形外科におけるモートン病の診療ポイント
  33. まとめ
院長のおすすめ

足の整体コース足部の痛みや不調の改善させる回復プログラム

>足の整体コースを受ける!

モートン病とは

「モートン病」は足趾の神経が圧迫されて槌趾変形や中足骨の作業による多彩な神経症状を引き起こす病気です。痛みや疼痛、しびれなどの症状が出現し、深横中足靱帯の手術が必要になることもあります。詳細は日本整形外科学会のホームページでご確認いただけます。

モートン病の初期症状とセルフチェック

モートン病の初期症状は、足の前部に痛みやしびれを感じることです。歩行時に痛みが増すことがあります。自己診断の際には、足の指の間に圧痛があるか、足の裏にしびれを感じるかを注意深く観察してみてください。

モートン病によく似た症状とは

モートン病に似た症状として、足底筋膜炎や足底腱膜炎があります。これらの疾患も足の痛みやしびれを引き起こすことがあります。違和感を感じた場合は、専門医に相談することをおすすめします。

モートン病の放置がもたらすリスクとは

モートン病を放置すると、症状が悪化し、足の機能に影響を及ぼす可能性があります。早期の診断と適切な治療が重要です。症状が続く場合は、専門医に相談してください。

 

モートン病の原因とは

「モートン病」は足趾の神経が圧迫されて槌趾変形や中足骨の作業による多彩な神経症状を引き起こす病気です。痛みや疼痛、しびれなどの症状が出現し、深横中足靱帯の手術が必要になることもあります。詳細は日本整形外科学会のホームページでご確認いただけます。

モートン病の発症要因を知ろう

モートン病の主な原因は、足趾の付け根に負担がかかる原因としては、ハイヒールなどのつま先が細い靴を常用することや外反母趾(がいはんぼし)などの骨の形態異常があります。また、ガングリオン(ゼリー状の内容物が詰まったこぶ)などの腫瘍が神経を圧迫することも挙げられます。

歩きすぎや足にかかる負担との関連性

モートン病になりやすい人の特徴は、ハイヒールなどつま先の細い靴を常用している方や長時間立ちっぱなしのことが多い方、つま先立ちの多い作業をされる方です。これらの要因により足趾付け根の神経が圧迫されやすくなり、モートン病が発症しやすくなります。

院長のおすすめ

足の整体コース足部の痛みや不調の改善させる回復プログラム

>足の整体コースを受ける!

モートン病の病院での症状と診断方法

「モートン病」は足趾の神経が圧迫されて槌趾変形や中足骨の作業による多彩な神経症状を引き起こす病気です。痛みや疼痛、しびれなどの症状が出現し、深横中足靱帯の手術が必要になることもあります。詳細は日本整形外科学会のホームページでご確認いただけます。

モートン病に現れる症状とは

モートン病の兆候としてみられる症状は、足趾の付け根の痛み、しびれ、けいれんなどです。症状が進行すると、足趾の付け根の神経周囲が徐々に腫れて赤みを帯び、ピリピリと刺すような痛み、しびれやけいれんなどの症状が強く現れます。重症の場合には、歩けないほどの痛みが生じることがあります。

モートン病を診断する際のポイント

モートン病の診断には、足を圧迫することによる症状の確認や超音波装置やMRIなどの画像検査が用いられます。足を横から挟むように圧迫して疼痛が誘発されれば、「Mulderテスト」または「Squeezeテスト」と呼ばれる検査でモートン病が強く疑われます。確定診断にはX線検査や超音波、MRIなどの画像検査が行われ、発症部位が造影されることで診断されます。

モートン病の検査方法と診断の流れ

モートン病の診断には、足を圧迫することによる症状の確認や超音波装置やMRIなどの画像検査が用いられます。足を横から挟むように圧迫して疼痛が誘発されれば、「Mulderテスト」または「Squeezeテスト」と呼ばれる検査でモートン病が強く疑われます。確定診断にはX線検査や超音波、MRIなどの画像検査が行われ、発症部位が造影されることで診断されます。

 

モートン病の病院での治療法

「モートン病」は足趾の神経が圧迫されて槌趾変形や中足骨の作業による多彩な神経症状を引き起こす病気です。痛みや疼痛、しびれなどの症状が出現し、深横中足靱帯の手術が必要になることもあります。詳細は日本整形外科学会のホームページでご確認いただけます。

モートン病の治療法とは

モートン病の治療法は、症状の重症度や進行具合によって異なります。以下は一般的な治療法です。

モートン病の治療は個々の症状に合わせて選択されるべきです。専門医と相談して最適な治療法を見つけてください。

保守療法

  • 軽度のモートン病では、保守的な治療が試みられます。
  • 靴の選択: つま先が広く、アーチサポートのある靴を選ぶことが重要です。
  • インソールで足のアーチをサポートするための装具師が作成します。
  • 薬物療法

  • 痛みや炎症を軽減するために非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)を処方。
  • 注射療法

  • 神経ブロック注射: 痛みを和らげるために神経に対して局所麻酔を注入。
  • 手術療法

  • 保守療法や薬物療法が効果的でない場合、手術が検討されます。
  • 深横中足靱帯の切除: 神経の圧迫を解消するために行われます。
  • 院長のおすすめ

    足の整体コース足部の痛みや不調の改善させる回復プログラム

    >足の整体コースを受ける!

    モートン病の予防法

    モートン病の予防には以下のポイントがあります。

    モートン病を予防するためのポイント

    以下の方法を試して、モートン病のリスクを軽減しましょう。

  • 適切な靴を選ぶ(つま先がきつくなく、アーチサポートのある靴)
  • 足の負担を軽減する(長時間の立ち仕事やハイヒールの使用を避ける)
  • 足のストレッチ(足の筋肉を柔軟を保つため、足のストレッチをする)
  • モートン病を防ぐための正しい歩き方とは

    正しい歩き方はモートン病の予防に重要です。以下のポイントに注意して歩きましょう。

  • 足をしっかり地面につける: 足の裏全体を使ってつま先の負担なくす。
  • つま先の蹴り出しをやめる: 歩幅を狭くして、つま先で強く蹴るのを避ける。
  • ゆっくり歩く: 急いで歩くことは足に負担をかける原因となります。ゆっくりとした歩みを心がけましょう。
  • モートン病を予防するための運動方法

    足の筋肉を強化する運動はモートン病の予防に役立ちます。以下の運動を取り入れてみてください。

  • 足の指を広げる運動: 足の指を広げてつま先の圧迫を解除する。
  • 足首の回し運動: 足首を時計回りと反時計回りなど足首を柔らかくする。
  • 足のアーチを強化する運動: かかと上げ運動などでアーチを鍛える。
  • 院長のおすすめ

    足の整体コース足部の痛みや不調の改善させる回復プログラム

    >足の整体コースを受ける!

    モートン病のマッサージ効果

    モートン病は足趾の神経が圧迫されて槌趾変形や中足骨の作業による多彩な神経症状を引き起こす病気です。痛みや疼痛、しびれなどの症状が出現し、深横中足靱帯の手術が必要になることもあります。

    マッサージがモートン病に与える影響

    モートン病の原因の一つは、足の裏の筋膜が硬くなっていることです。この硬さが神経を圧迫し、痛みを引き起こします。実際に、適切なマッサージでモートン病の痛みが改善するケースが多く報告されています。

    モートン病に効果的なマッサージのポイント

    足の裏の筋膜を緩めることでモートン病の痛みを軽減できます。つま先の甲側と足裏の部位をマッサージすることをおすすめします。

     

    モートン病の手術について

    モートン病は、足趾(足の指のこと)の付け根に荷重が集中することで、足の2本の指にまたがって痛みやしびれが生じる整形外科疾患です。痛みがふくらはぎまで拡がってしまったり、姿勢のバランスが崩れることで腰痛など他の痛みに発展することがあります。

    モートン病で検討すべき手術の種類

    モートン病の治療は、保存的な方法から始められますが、保存療法で症状が変わらない場合や痛みが強く生活に支障をきたす場合は、手術が検討されることもあります。以下はモートン病の手術についての種類です。

  • 神経剥離術(神経を圧迫している腫瘍を剥がす手術)
  • 神経腫切除術(圧迫している神経を切除する手術)
  • 深横中足靱帯の切離(中足骨の周囲の靭帯を切離手術)
  • モートン病手術のリスクと効果

    手術は、症状が重篤で保存療法が効果的でない場合に検討されます。手術のリスクと効果は個人によって異なりますが、神経剥離術や神経腫切除術、深横中足靱帯の切離などの手術は、神経の圧迫を解消するために行われます。

    手術後のモートン病の経過と注意点

    手術後は入院が必要で、約1週間程度の入院期間があります。手術後の経過は個人差がありますが、痛みが和らいでからつま先にも体重をかけて歩くことができるようになります。手術後の注意点は、専門医の指示に従い、適切なリハビリやケアを行うことが大切です。

    院長のおすすめ

    足の整体コース足部の痛みや不調の改善させる回復プログラム

    >足の整体コースを受ける!

    モートン病と歩行バランス

    モートン病は足の指先に向かう神経が足ゆびの付け根あたりで、隣り合う骨をつないでいるじん帯により圧迫されることで痛みやしびれが起こる整形外科疾患です。痛みがふくらはぎまで拡がり、姿勢のバランスが崩れることで腰痛など他の痛みに発展することもあります。

    モートン病が歩行バランスに及ぼす影響

    モートン病は足の体重バランスに大きく関係しています。足指の付け根で神経が圧迫されるため、歩行時のバランスに影響を及ぼします。痛みやしびれがある場合、歩行中の体重移動や足の着地に注意が必要です。

    モートン病の症状改善に向けた歩行トレーニング

    モートン病の改善には適切な歩行トレーニングが重要です。以下のポイントに注意して歩行トレーニングを行いましょう。

  • 足裏全体に体重を均等にかけ、足指の付け根の負担を軽減します。
  • ゆっくり歩くことで、 急いで歩く時のつま先の負担を除く。
  • バランス感覚を意識することで、足の筋肉を意識的に使いましょう。
  • モートン病と歩行バランスの関係性を理解する

    モートン病は足の体重バランスと密接に関連しています。足指の付け根の痛みやしびれが歩行バランスに影響を及ぼすため、適切なトレーニングを通じてバランスを改善しましょう。

     

    モートン病と整形外科の関係

    モートン病は、足の指の根元から足首に向かって位置する細長い骨である中足骨の間に痛みやしびれが現れる整形外科疾患です。痛みがふくらはぎまで広がり、姿勢のバランスが崩れることで腰痛など他の痛みに発展することがあります。

    整形外科でのモートン病治療の流れ

    モートン病の治療は以下の流れで行われます。

  • 保存療法の開始: 局所の安静(ハイヒールの禁止など)の指示と、足底板(医療用のインソール)の使用とあわせて運動療法が行われます。
  • 足底板の使用: 正しいアーチを保ち神経への負担を減らすことで、症状の改善を目指します。
  • 運動療法: 症状がある足指の関節や筋肉を動かし血のめぐりをよくして回復を促します。ただし、痛みがある程度治まってから始める必要があります。
  • 薬剤療法: 消炎鎮痛剤の内服やステロイド注射で炎症を抑え、症状の緩和を目指します。薬物療法は一般的に足底板の使用や運動療法と併用されます。
  • 手術の検討: 保存療法を続けても3ヵ月以上症状が回復しない場合や日常生活が過ごせないほど重症の場合は、手術が検討されることもあります。
  • 整形外科におけるモートン病の診療ポイント

    整形外科でモートン病を診療する際のポイントは以下の通りです。

  • 症状の進行を注意深く観察: 痛みやしびれの悪化や他の痛みへの影響を把握します。
  • 適切な治療法の選択: 症状の程度や患者の状態に応じて保存療法や手術療法を選択します。
  • 患者への適切なアドバイス: 日常生活で気をつけるべき点や専門医の受診の重要性を説明します。
  • 院長のおすすめ

    足の整体コース足部の痛みや不調の改善させる回復プログラム

    >足の整体コースを受ける!

    まとめ

    モートン病は足趾の神経圧迫による痛みやしびれを引き起こす疾患です。早期診断と適切な治療が重要で、放置は足の機能に悪影響を及ぼす可能性があります。

    当院では、足の痛み不調に特化した整体コースを設けています。お力になれると思いますので、お気軽に御相談下さい。

    モートン病には「足の整体コース」がおすすめ!

    足の整体コースは、「整体施術+セルフケア指導」が特徴です。整体をしながら自宅できるセルフケア法を指導して、悪化を予防する「足の歪みを悪化させない状態で改善させる」を目指しています。

    こんな症状に対応できます!

    慢性の足指の痛み、急な足指の痛み、外反母趾の痛みの軽減、モートン病、足底筋膜炎(足裏)、、強剛拇趾、種子骨障害、制限拇趾、ハンマートゥー、痺れ、足のだるさ、足の冷え、足根洞症候群、足根管症候群、後脛骨筋腱炎、ハグルント病、踵骨骨端炎、セーバー病、長母指屈筋腱炎、原因不明の足指の痛み痺れ、浮き指、扁平億、開帳足・・・など

     

    関連ページ

     

    監修:冨澤敏夫(柔道整復師・整体師)

    院長:冨澤敏夫の画像 「10秒かかと上げで足裏の痛みが消える!」(KADOKAW)、ペンギン歩きを治せは「しつこい足の痛みは消える!」(現代書林)のどの書籍があります。雑誌の取材などメディアで紹介されています。

    日経ヘルス・健康364、わかさ、PHP出版などから取材を受けて、雑誌の1年間の連載も好評でした。

    院長の書籍や雑誌掲載
    台湾出版の10秒かかと上げで足裏の痛みは消える!|著者は冨澤敏夫

     

    さいたま中央フットケア整体院の紹介

    整体院の画像
    3つの強み

     

    診療時間
    9:00〜18:00
    18:00〜21:00

    火曜・金曜は夜間診療21:00まで可能
    祝日は休診、完全予約制

    信頼される理由【全国から来院】【口コミ評価4.6】【25年の臨床経験】

    院長と美智子先生 〒338-0013
    埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-17-13
    電話)048-789-7743
    定休日:月・木・祝日
    火・水・金・土・日:9:00~18:00
    火・金は夜間営業18:00~21:00

     

    lineの友達追加

     

    【道順】Googleマップで道順を調べる

    icon 電話番号048-789-7743icon 詳しい道順南与野駅から道順
    ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。


    ページトップに戻る