HOME >フットケア一覧 >魚の目(うおのめ)の治し方
魚の目(うおのめ)の治し方|さいたま中央フットケア整体院
監修:冨澤敏夫(柔道整復師)N2023/10/14

魚の目(うおのめ)の治し方

魚の目(うおのめ)を、病院以外で痛みを軽減する方法をご紹介します。

魚の目(うおのめ)が痛く悩んでいる方は当整体院のフットケアコースを受けてください。

自宅でできるケア法や再発させない予防法などをご指導します。病院以外で足のタコ(胼胝)やうおのめ(魚の目)を治したい方へ。

魚の目(うおのめ)の原因や症状

魚の目(うおのめ)とは?

魚の目(うおのめ)とは? 魚の目(うおのめ)は、角質の増殖して皮膚の表面が厚く硬くなることです。原因は、持続的な圧ストレスと摩擦です。

足のサイズに合わない靴や、間違った履き方で足自体の変形などの構造的・物理的な問題が生じて発生することが多いです。

足のタコ(胼胝)とうおのめ(魚の目)の違いは、うおのめ(魚の目)は厚くなった皮膚の中心に芯(核)があり痛みを伴います。

足のタコ(胼胝)は、芯(核)はなく痛みも伴いません。(稀に痛みを伴う場合もあります。)

症状は、歩く際に異物感で、痛みや違和感があります。硬い床や靴底が薄い靴を履いて歩いた時などにも異物感で、痛みや違和感が起こります。

中には、安静時でも「ちくっ」と刺すような鋭靴よい痛み一瞬起こり、余韻でチクチクと痛む場合があります。

これは、皮ふの浅い部分での感覚神経に痛みを感じている状態で、よく似た症状では針で刺されたときや、皮膚を小さくつねるときの痛みに似ています。

イボとの区別が大切です。

注意が必要なことは、イボと足のタコ(胼胝)、うおのめ(魚の目)の区別をします。イボはウィルス性であり病院へ行かないと改善しません。

難治性のウイルス性のイボ「尋常性疣贅」は、早めに病院へ行きましょう。

【難治性のウイルス性のイボ「尋常性疣贅」の写真】

写真はSkin Solution Clinic(スキンソリューションクリニック)を参考:〒104-0041 東京都中央区新富1-15-3 新富・ミハマビル5F 03-3206-2001難治性のウイルス性のイボ「尋常性疣贅」をご覧くださいませ。

~追伸~

市販薬や病院で使用る皮膚軟化薬(サリチル酸製剤)は、角質層を柔らかくして剥離させる方法ですが、やり方が正しくないと正常な皮膚まで剥離しますので注意してください。

 

足のタコ(胼胝)、魚の目(うおのめ)のコース

当院のフットケアコースは、熟練の技術で安心・安全に施術していきます。再発を引き起こさないためにセルフケアの方法も指導していきます。

①カウンセリング
カウンセリング状態やレベルを確認して、原因を見つけ施術方針を決めていきます。
②足のフットケア
フットケア適切な施術を選びながら専用マシンを使用して丁寧に施術していきます。
③セルフケア指導
セルフケア再発予防や早期改善を目指して自宅での足のタコ(胼胝)を指導します。
④次回の来院指導
アフターケア患者様の都合で来るのでなく、早く改善させる為のスケジュールを提案します。

 

料金と予約方法

メール又はLINEで予約されると6,600円5,500円に割引料金!

電話予約の場合 メール/LINEで予約は!
足のたこ(胼胝)
魚の目(うおのめ)
¥6,600 ¥5,500

 

決算方法
ご予約はこちら

ご予約方法はこちら

メール又はLINEで予約されると6,600円5,500円に割引料金!

 

 

関連記事

最新の記事など更新しました。

  1. フットケアメニューの一覧
  2. 巻き爪(まきづめ)をさいたま市のワイヤー矯正の専門院で素早く改善
  3. 足裏のタコの治し方とセルフケア法
  4. 魚の目(うおのめ)の治し方
  5. つるつる足へ!埼玉・さいたま市のフットケアサロン【かかと、足裏、足指】の角質ケア
  6. 肥厚爪の切り方と治し方|厚くなった足の爪の原因や予防法を知りたい
  7. 爪切り

 

監修:冨澤敏夫(柔道整復師・整体師)

院長:冨澤敏夫の画像 「10秒かかと上げで足裏の痛みが消える!」(KADOKAW)、ペンギン歩きを治せは「しつこい足の痛みは消える!」(現代書林)のどの書籍があります。雑誌の取材などメディアで紹介されています。

日経ヘルス・健康364、わかさ、PHP出版などから取材を受けて、雑誌の1年間の連載も好評でした。

院長の書籍や雑誌掲載

 

さいたま中央フットケア整体院の紹介

整体院の画像
3つの強み

 

診療時間
9:00〜18:00
18:00〜21:00

火曜・金曜は夜間診療21:00まで可能
祝日は休診、完全予約制

信頼される理由【全国から来院】【口コミ評価4.6】【25年の臨床経験】

院長と美智子先生 〒338-0013
埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-17-13
電話)048-789-7743
定休日:月・木・祝日
火・水・金・土・日:9:00~18:00
火・金は夜間営業18:00~21:00

 

当院のご案内

 

lineの友達追加

 

【道順】Googleマップで道順を調べる

icon 電話番号048-789-7743 icon 詳しい道順アクセスページ
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。


ページトップに戻る