HOME >【腰痛専門】整体コース紹介ページ
腰痛コース紹介

 

目次

  1. 1腰部椎間板ヘルニアの原因
  2. 2ぎっくり腰(急性腰痛)の原因
  3. 3筋筋膜性腰痛の原因
  4. 4坐骨神経痛の原因
  5. 5脊柱管狭窄症の原因
  6. 6すべり分離症の原因
  7. 7変形性腰痛症の原因
  8. 8心因性腰痛症の原因

 

腰痛に特化した整体法が必要

腰の痛みで悩む方は、全国で推定2600万人以上と言われています。腰痛の8割は病名を付けられない原因不明で、人類がの二足歩行に進化した宿命とも言われています。

しかし、あきらめてはいけないと思うのです。私も腰痛で苦しんだ一人として、人類から腰痛を撲滅したいと考えています。

腰痛の8割は原因不明と言われている理由の一つに、整形外科などの病院ではレントゲン・MPIなどの検査で骨に異常が見られない場合は、手術など適応できずに診断(病名がつけられない)ができないからです。

診断できないと病院ではできることがなく、結局は湿布や痛み止め、安静や適度なストレッチなどの指導のみとなります。(マッサージはドクターの仕事ではないため)

仕事の分担として原因不明の腰痛(ほとんどが筋肉緊張による骨盤の歪みなど)や慢性的な腰の痛みは、整骨院・整体院や鍼灸院、カイロプラクティック院などの適応となります。

ここでは、慢性腰痛・急性腰痛(ぎっくり腰)・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・変形性腰痛症・すべり分離症・心因性腰痛症・原因不明の腰痛などを対応しています。

腰痛でお悩みの方はぜひご相談ください!

腰痛で悩む

icon_check どこへ行っても何をしても、改善しない「どうしよう?」

icon_check 腰が慢性的に鈍痛、急な腰の激痛で困っている。

icon_check 朝起きるときの痛み、中腰・顔洗う姿勢の痛みで悩んでいる。

icon_check 早く良くなって歩きたい、運動したいと思っている。


 

お客様のお喜びの声

喜びの声

【40代男性 蕨市在住】

インターネットで調べて、口コミの評価が高かったので来ました。腰は昔から悪く、どこへ行っても一時的で困っていましたが、ここにきて施術の効果が長く、セルフケアも教えてもらい満足です。

【30代女性 さいたま市在住】

学生の頃に腰痛でヘルニアと言われました。しばらくは良かったのですが、最近は運動不足もあり腰が硬く痛くなっているので来ました。腰の整体が終わると軽くなり、起き上がる際の痛みがなくなっていました。

【50代男性 川越市在住】

朝起きるときの痛みと、顔を洗う時の中腰が痛く、朝は一苦労でした。友人に勧められてきましたが、翌日から朝の痛みがなくなり顔を洗る動作も、痛く無くなり久しぶりに、腰の調子が良く嬉しいです。


 

腰痛を引き起こす原因となるもの

腰痛を引き起こす原因となるものには色々あります。ここでは代表的なものを解説して、原因や対処法などもご指導していきます。
最後は当院での整体法などもご紹介しますので、最後までお読みください。

【対応症状】

ここでは、慢性腰痛・急性腰痛(ぎっくり腰)・筋筋膜性腰痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・変形性腰痛症・すべり分離症・心因性腰痛症・原因不明の腰痛などを対応しています。

 

腰部椎間板ヘルニア

腰部椎間板ヘルニアとは?

腰部椎間板ヘルニア 椎間板と言うジェル状(繊維輪)と髄核で出来ていて、クッションの役割があります。髄核が突出又は脱出して神経を圧迫して症状がでます。

椎間板は加齢や激しい運動でも変性しやすく、日常生活では悪い姿勢での作業や中腰が多い人がなりやすいです。

ヘルニアを調べる際には、仰向けで寝てもらい足を上げる挙上テスト(SRL)で痛みが出るか、下肢を触り感覚異常があるかを見ます。

レントゲンでは写らないため、MRIで椎間板が突出しているかを確認します。

整体法

当院では、急性痛の場合は安静とアイシングと固定(晒とコルセット)で対応します。慢性痛は、腰(腰椎下部)の筋肉を緩めて骨盤の調整を行います。腰痛のセルフケア法も指導していきます。

当院の腰痛整体法など詳しくは、 下記に掲載の「腰痛整体の流れ」をご覧くださいませ。

 


ページトップに戻る

 

ぎっくり腰(急性腰痛症)の原因

ぎっくり腰(急性腰痛症)とは?

ぎっくり腰 ぎっくり腰とは正確には急性腰痛症と言います。魔女の一撃とも言われ、急に強い痛みに襲われて動けなくなります。通常では2週間程度で回復します。

発症の起因としては、重いものを持ち上げる時やごみを拾う姿勢になった時、くしゃみでもなる場合があります。

椅子に座るときの姿勢も関係していて、丸まって座る癖がある方は要注意です。

原因としては、椎間板ヘルニアや腰椎の圧迫骨折なども考えらえます。その他では、椎間関節捻挫・仙腸関節捻挫なども発症の原因になります。

整体法

急性痛では、アイシング・固定(コルセット・晒)で安静を支持します。無理して動いたりすると改善しにくいため注意してください。お風呂やアルコールは禁止です。

急性痛から慢性痛に移行したぎっくり腰は、再発をさせないために整体的なケアが必要です。

当院では、腰部下部と骨盤のjoint部分(腰仙関節)に問題があると考えています。この部分を調整して腰部の筋肉をほぐします。

腰のセルフケア法を指導して、再発しないように指導します。

当院の腰痛整体法など詳しくは、 下記に掲載の「腰痛整体の流れ」をご覧くださいませ。

 


ページトップに戻る

 

筋筋膜性腰痛症の原因

筋筋膜性腰痛症とは?

筋筋膜性腰痛症 腰の筋肉の筋膜の損傷により起こります。痛みは患部のみで下肢への痛みは現れません。

慢性と急性があり、不良姿勢や過度の運動で筋肉や筋膜に持続的なストレスが発生していて、その積み重ねと強い力が急激に加わった際に発症します。

症状は上体を動かしたときに痛みを感じて、腰の筋肉に沿って痛みや圧痛、運動痛を感じます。筋肉が動くことにより痛いので、特定の動きと言うよりも何をしても痛い状態です。

整体法

急性痛では、アイシング・固定(コルセット・晒)で安静を支持します。無理して動いたりすると改善しにくいため注意してください。お風呂やアルコールは禁止です。

急性痛から慢性痛に移行した時期は、再発をさせないために整体的なケアが必要です。

腰の筋肉の拘縮(硬さ)なども問題があると考えています。この部分を調整して腰部の筋肉をほぐします。

腰のセルフケア法を指導して、再発しないように指導します。

当院の腰痛整体法など詳しくは、 下記に掲載の「腰痛整体の流れ」をご覧くださいませ。

 


ページトップに戻る

 

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛 坐骨神経痛は、腰から出る神経(坐骨神経)に沿って障害を受けた下肢の神経領域に痛みが発生します。

坐骨神経が障害される原因には、椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症などがありますが、腫瘍なども原因になるため、一度は病院で調べてもらうことをお勧めします。

その他では、梨状筋症候群などでも同じような症状が起こります。これは、お尻の奥の筋肉が緊張して、その下を通る座骨神経を圧迫するからです。

下肢の血行不良でも起ります。原因がわかれば改善しやすいので、疑いのあるものは調べておくと安心します。

整体法

当院では、坐骨神経痛は腰の下部と骨盤でつなぐ腰仙関節の問題があると考えます。ここからでるL5神経とS1神経の圧迫を回復させます。

そして、マッサージとストレッチで筋肉をほぐし、骨盤仙骨の調整を行います。

当院の腰痛整体法など詳しくは、 下記に掲載の「腰痛整体の流れ」をご覧くださいませ。

 


ページトップに戻る

 

脊柱管狭窄症の原因

脊柱管狭窄症とは?

脊柱管狭窄症 中高年以降に多い症状で、間欠性跛行(休憩すると症状が軽減)があり長く歩くことが出来ません。

腰痛を訴えるよりも、下肢・臀部の痛みを訴える方が多いです。安静時はほとんど症状がなく、出かけて歩くと痛みが強くなります。これは背骨が伸びるので神経圧迫が起こり痛くなります。

悪化して長期的にこのような状態が続くと、下肢の筋力が落ちて脚が痩せてくるなど自覚症状もあります。

原因としては、脊柱管付近の椎間板変性・腰椎(椎間関節)が変形・黄色靭帯が厚く変性などが、脊髄神経の通るトンネルが圧迫されることが考えられます。

脊柱管を狭くしますので、神経が圧迫を受け血流が低下して発症します。

椎間場ヘルニアでは比較的若い層に多いですが、脊柱管狭窄症は中高年に多いです。

背骨を反らすと脊柱管が狭くなるので症状が強くなり、身体を丸めると広がるため軽減します。

レントゲンである程度はわかるそうですが、MRIで調べる方が分かりやすいです。下肢の動脈障害との鑑別のため一度は調べておきましょう。

整体法

脊柱管狭窄症は、骨の問題もありますが筋肉の硬さ(拘縮)による腰部の関節の動きが制限されて不安定な動きが原因と考えます。

当院では、マッサージやストレッチでほぐしていきます。セルフケアの指導で効果を持続させて症状を回復に導きます。

当院の腰痛整体法など詳しくは、 下記に掲載の「腰痛整体の流れ」をご覧くださいませ。

 


ページトップに戻る

 

腰椎すべり分離症

腰椎すべり分離症とは?

腰椎すべり分離症 痛みのでる部位は、お尻や太ももにでて腰を反らすと痛みが強くなります。激しい運動をした子供(10歳)のごろから発生するのですが、症状は腰痛を訴えます。大人になってからは下肢の痺れも訴えます。

分離症は子供のころに腰を強く捻る運動で発生します。例えば、体操・野球・テニスなどです。スポーツ選手では3割は分離症がいると言われています。

分離症は徐々にすべりも起こり分離すべり症へと進行します。すべり症は分離はしていないが、椎体が前方へ滑ることです。

分離症は、腰椎は一つ下の椎体が滑り椎体の階段変性を伴います。すべり症はその椎体自体が滑ります。

整体法

当院では、椎体が後方へ移動しやす状態になるように整体します。反らすことは極力行いませんが、安静にしすぎても良くないため適度に動かします。

セルフケアの指導と寝る姿勢などの注意を行います。うつ伏せの姿勢は良くなく、寝る姿勢は横向きか仰向けで指導します。

当院の腰痛整体法など詳しくは、 下記に掲載の「腰痛整体の流れ」をご覧くださいませ。

 


ページトップに戻る

 

変形性腰椎症

変形性腰椎症とは?

変形性腰痛症 字のごとく腰椎の変形した状態を言います。骨棘が形成されたり、椎体の形が変わっていく架橋形成が特徴です。

ある程度の年齢になるとレントゲンで発見されます。無症状の方も多く、痛みは慢性腰痛のような鈍痛が主です。

整体法

変形性は骨の問題ですが、膝関節や股関節の変形のように動かさないと痛みが悪化するため、関節と同じように腰の筋肉をほぐして緩め、動きを作り出すことを行います。

セルフケア法の指導は、腰に良いストレッチを中心に御指導します。

当院の腰痛整体法など詳しくは、 下記に掲載の「腰痛整体の流れ」をご覧くださいませ。

 


ページトップに戻る

 

心因性腰痛

心因性腰痛とは?

心因性腰痛 心因性腰痛症は昔は精神的なものとかたずけられていましたが、今では中枢神経障害とも言われています。

基本的には慢性痛で長期悩まされている方が多いです。男性に多いとも言われています。精神的なストレスを抱えている方がなりやすいと言われています。

次第に解明されてくると思いますが、現在は原因不明と言われることも多く、心療内科を紹介される方も多いです。

整体法

当院では、慢性痛の腰痛として整体します。腰の筋肉の血行不良が痛みの原因になります。

血行不良は発痛物質を発生するため、痛みを感じて腰痛を引き起こします。さらに痛みは血行不良を引き起こすため、悪循環を引き起こしているのが原因です。

当院の腰痛整体法など詳しくは、 下記に掲載の「腰痛整体の流れ」をご覧くださいませ。

 


ページトップに戻る

 

当院の腰痛整体コースの特徴

私も腰痛で苦しんだものとして、腰痛改善にはただならぬ意欲があります。目標は腰痛を人類から撲滅することです。私も今は腰痛に苦しむことがなくなったので、その改善の方法を伝えていきます。

 

腰痛整体の施術の流れ

当院の腰痛専門整体コースの流れをご紹介します。根本の改善を目指して入念な施術と、再発予防のための自宅でできる簡単なセルフケア法の指導を行います。このコースの目標は「人類から腰痛を無くす」ことです。

①カウンセリング
カウンセリング腰周辺の痛みを引き起こす原因を見つける為に質問をいたします。
②腰の整体施術
腰の整体腰の周辺をほぐして、動きを良くするために整体を加えていきます。
③セルフケア指導
腰のセルフケア指導早く改善させる為に、自宅で行う腰のセルフケアをご指導します。
④次回の来院指導
次回来院の指導患者様の都合で来るのでなく、早く改善させる為のスケジュールを提案します。

 

腰痛の方が注意したい日常動作で腰の痛みは予防できる

腰痛の方が注意したい日常生活動作があります。間違った動きで腰痛を悪化させないだけでなく、正しい動きをすることで慢性腰痛も改善できるのです。

座位の姿勢

座る姿勢では、丸まる姿勢は要注意で気持ち腰(骨盤)を立て座る。

物を拾う

物を拾う時も、お尻を後ろに引くように腰を伸ばして屈みます。

顔を洗う

洗面台で顔を洗う時も、お尻を後ろに引き腰を伸ばします。

 

正しい日常の動きをするためにスクワット運動は非常に効果あり

腰痛の方が正しい日常の動きをすると腰痛が予防できるだけでなく、改善させることも出来るんです。そのためには、正しい動きに必要な筋肉強化が必要です。それがスクワットなんです。

スクワットの足幅

①足幅を肩幅に開きつま先は外に向けます。

正しい姿勢のスクワット

②腰に手を置きお尻を突き出して腰を曲げる。

悪い姿勢のスクワット

注意:腰が曲がらない、膝がつま先を超えない。

 

【スクワット】やり方の詳しくはこちら

 


ページトップに戻る

 

よくある質問(Q&A)

よくある質問

Q:長く改善しない状態でも可能でしょうか?

A:はい大丈夫です。当院に来られる方々は、数年、数か月痛みが改善しない方々が多いです。改善しない原因を見つけて、適切なアプローチをしていきますので、改善させる確率は高いです。

Q:急に痛くなった症状でも可能ですか?

当院は慢性痛が多いですが、急性痛にも対応しています。慢性痛よりも改善が早く、早くケアすればするほど改善も早いです。

Q:どこへ行っても改善しない症状でも大丈夫ですか?

A:はい、大丈夫です。当院は足腰の痛み不調を専門にして多くの症状を診てきました。病院で見放された方々も当院で改善しています。ご安心ください。


 

腰整体の料金と予約方法

当院は一人一人丁寧に整体を行うために、完全予約制になっています。メールフォームからの予約は、初見料の部分を一部割引していますので、是非ご利用ください。

料金(税込表示)

初回費用 12,100円
※内訳:初見料3,300円+施術料8,800円

決算方法

初回割引予約をご利用下さい!

初回費用12,100円を9,900円で受けられます。

【初回割引予約フォームはこちら↓

初回割引予約フォーム

 

さいたま中央フットケア整体院の紹介

整体院の画像

信頼される理由【全国から来院】【口コミ評価4.6】【25年の臨床経験】

院長と美智子先生 〒338-0013
埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-17-13
電話)048-789-7743
定休日:月・木・祝日
火・水・金・土・日:9:00~18:00
火・金は夜間営業18:00~21:00

南与野駅(西口)下車、徒歩8分 ※わからない時は電話をください。
詳しくは、 アクセスページをご覧くださいませ。

icon 電話番号048-789-7743 icon FAX048-789-7308
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでご予約は割引制度あり!

割引き予約フォーム

 

【道順】Googleマップで道順を調べる


ページトップに戻る