HOME >セルフケア一覧 >股関節のセルフケア法 > 股関節の可動域拡大法②

股関節が硬いを柔らかくするストレッチのセルフケア法

股関節の開きを柔らかくするストレッチ法です。

股関節の動きで「開く」を柔らかくするための方法で、1つの動作ですが力の入れ方などのポイントで効果が変わります。

【動画】股関節が硬いを柔らかくするストレッチのセルフケア法

動きと力加減の説明を重点に置いて作りました。図解だけでは解らないイメージが解りやすく、図解と一緒に学んでください。

 

 

【図解】股関節が硬いを柔らかくするストレッチのセルフケア法

動きを改善させるための可動域拡大法で、開く動きを集中的に学びます。図解で解りやすく解説していますので、動画でわかりにくいところは図解を見て正しく行いましょう。

②パターンの股関節ストレッチ

このパターンは、股関節がある程度柔らかうなり、より開くようになるために挑戦するストレッチです。無理なく出来る範囲で行うようにして下さい。

股関節を柔らかくするストレッチ

膝を自分の力で開く練習

股関節を柔らかくするストレッチ

怖い方は台を置いて練習

股関節を柔らかくするストレッチ

足首の下に台を置く練習

股関節を開くストレッチの練習をします。

ポイントは、開く時にお尻に力を入れて行うことです。

股関節の可動域拡大法1 仰向けに寝て片足は伸ばし、伸ばした脚に反対側の足首を乗せて行います。手で押すのでなく、自分の足の力で10回開いて、10回目にいっぱいに開いた状態で10秒間静止します。

写真のように開かない場合は、開く範囲で良いので出来る範囲で開きます。

ワンポイント

開く時に、お尻に力を入れて締めるようにして股関節を開くと、開きやすいです。手で押す方法もありますが、自分の足の力で開く方がトレーニングになるため挑戦してください。

質問:足を伸ばした方にかけられないのですが?

解答

股関節が硬い方や悪い方は、反対の脚に引っかえることが出来来ません。できない場合は、無理してかけないで①下記の写真のように足首の下に台(座布団など)を置いて行ってください。

質問:写真のように足が開かないのです?

解答

最初から開くようにはならないため、徐々に開けるように練習していきます。②写真のように腿の下に台(座布団など)を置いて行うと、怖くなく開く練習が出来ます。

股関節の可動域拡大準備

写真①、足首に台を置いて行う。

股関節の可動域拡大1

写真②、腿の下に台を置き行う。

詳しくは、 股関節を柔らかくするストレッチ①をご覧くださいませ。


 

関連したページはこちら

  1. 【痛み】を改善させるセルフケア
  2. 【動き】を改善するセルフケア
  3. 【筋力】を改善するセルフケア
  4. 股関節の晒サポーター法
  5. 股関節ストレッチ②

 

セルフケア一覧

 

セルフケア法を理解するために

セルフケア法を理解して実践することで、効果に違いが出てモチベーションの向上や入念度に差が出ていきます。下記の実践している皆様の感想や、同じ疑問を感じている方々の質問を参考にしてください。

1日1回のセルフケア 痛い時ほど入念に 1日15分から30分

 

セルフケアを実践された皆様の感想

このセルフケア法を学んだ方の感想を頂いています。私も全ての方に伝えていきたいと考えて、とても参考になっています。

腰が伸ばされる感じで、腰痛にも良いと感じます。気持ちいがいいです。(女性 42歳)

最初は怖かったですが、今は開きやすくなり寝返りが痛くないです。(男性 55歳)

抱えるときに付け根が痛かったのですが、今は少し楽で靴下が履きやすくなりました。(女性 60歳)


 

質疑応答

解答

学んでみて疑問を疑問を感じている方々から寄せられた言葉です。共通する内容があると思いますので参考にしてください。

痛みが強い時もやっても大丈夫ですか?

解答

可動域拡大法は、危険のないようにプログラムしました。ただ痛みを緩和させるセルフケアではない為、痛い時はお休みして痛みを改善するマッサージとストレッチを入念に行ってください。

揺らすだけだと物足りないのですが、押してもいいですか?

解答

力を抜く練習が上手くなったら、動きが広がってくるので少しぐらい押しても大丈夫ですが、力が抜けない状態では押すと逆に筋肉を緊張させるため、押さないでください。

動かしちゃいけないと言われてきたので動かして良いのですか?

解答

積極的に動かしていきましょう。動かさなかったら動かなくなり痛みも増すため、動かすことが大切ですよ。ただ、炎症がある時(じっとしていてもズキズキ)は、お休みしてください。


 

股関節の痛みコース

 

さいたま中央フットケア整体院の紹介

整体院の画像

信頼される理由【全国から来院】【口コミ評価4.6】【25年の臨床経験】

院長と美智子先生 〒338-0013
埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-17-13
電話)048-789-7743
定休日:月・木・祝日
火・水・金・土・日:9:00~18:00
火・金は夜間営業18:00~21:00

南与野駅(西口)下車、徒歩8分 ※わからない時は電話をください。
詳しくは、 アクセスページをご覧くださいませ。

icon 電話番号048-789-7743 icon FAX048-789-7308
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでご予約は割引制度あり!

割引き予約フォーム

 

【道順】Googleマップで道順を調べる


ページトップに戻る