HOME >股関節整体コース > 股関節の関節唇損傷

股関節の関節唇損傷をさいたま市南与野の整体院で素早く改善

股関節の関節唇損傷
3つの強み

股関節唇とは、腸骨の寛骨臼の周りにある大腿骨頭を、安定させる役割がある屋根部分です。繊維軟骨からなる関節唇には神経が存在しているので、インピンジメント症候群などで挟まれ衝突を繰り返すことで、組織が損傷ししてしまいます。

寛骨臼形成不全など、大腿骨頭と寛骨臼でのインピンジメント症候群に深く関わっています。

屋根の被りが浅い寛骨臼形成不全症や、近年注目されている大腿骨-寛骨臼インピンジメントに伴い損傷することが多いです。

 

股関節の関節唇損傷は整体が効果的

「どこへ行っても、何をしても治らない?」と悩んでいる方へ、私にお任せください。股関節の関節唇損傷は整体院が一番と自信をもっておすすめします。

股関節痛の中で「股関節唇損傷」も考えられています。

 

股関節の関節唇損傷の原因と治療法・予防法

股関節の関節唇損傷を改善させるには、原因や他の治療法との違い、予防法などを知るK所とが大切です。

目次

  1. 股関節の関節唇損傷とは
  2. 症状
  3. 原因
  4. 治療法
  5. 予防法
  6. 整体法

 

股関節の関節唇損傷とは

股関節の関節唇損傷とは?

股関節唇損傷 股関節唇損傷とは、股関節唇という大腿骨頭を安定させるために骨盤の臼蓋周りに、ぐるっと柔らかい軟骨で、ゴムパッキンのように大腿骨頭を支えます。

衝撃吸収の役割も担っていて、関節唇は神経が通っていて損傷を受けると痛み引き起こす状態を言います。悪化すると変形性股関節症を発症することもあります。

当整体院では、股関節の動きが正常でないことが問題であると考えます。その原因としては、筋肉の過緊張で起こる筋肉が縮み大腿骨頭と骨盤の寛骨臼が、接近して痛めると考えます。

 

症状

股関節の関節唇損傷は日常生活に支障が起こる。

股関節の関節唇損傷の症状 痛み、違和感、引っかかり感、股関節のロッキングという状態を引き起こします。不安定性、抜ける感じがして「股関節のはまりが悪い」など感じます。

日常生活動作にも支障があり、股関節を曲げる、捻る、あぐら、靴下を履く、爪を切る、車や自転車の乗り降り、脚を組む痛みがでます。

股関節の関節唇損傷の症状には色々ある。

icon_check 股関節を曲げるときに足の付け根が詰まる痛みがある。

icon_check 胡坐の姿勢は足の付け根の外側が痛くなる。

icon_check 深くしゃがむ姿勢で痛く、しゃがめない。

icon_check 足を組む、長時間の座位、座位からの立ち上がりが痛い。

icon_check 歩く時に体重を乗せるとズキンと痛くなる。

 

原因

股関節の関節唇損傷の原因は複数ある

股関節の関節唇損傷の原因 股関節の関節唇損傷の原因には、臼蓋形成不全や股関節インピンジメントなどの原因が関係していると言われています。

股関節の大腿骨頭を寛骨臼の臼蓋に安定させる関節唇が損傷することで、神経が通るため痛みが出てしまいます。

 

臼蓋形成不全が原因で不安定性から起こる

臼蓋形成不全は、大腿骨頭を被せる屋根が浅く股関節唇に負担をかけます。 股関節唇はゴムパッキンのように柔らかい軟骨組織で、股関節が不安定となり股関節唇損傷を引き起こすと考えます。

詳しくは、臼蓋形成不全を参考にしてください。

 

股関節インピンジメント(FAI)が原因で起こる

FAI(Femoroacetabular impingement)は、股関節の大腿骨側と骨盤側の骨と骨の「ぶつかり」を意味します。 股関節唇損傷の患者さんの中には、大腿骨頭の変形が原因で、ぶつかり股関節唇損傷が発生する場合があります。

大腿骨頭の変形(でっぱり)は、遺伝が原因です。股関節の動きで曲げる、捻るときに、股関節唇が損傷して痛みがでます。レントゲンなどで見つけにくこともあり、見逃されてしまうケースがあります。

詳しくは、股関節インピンジメント症候群を参考にしてください。

 

病院での治療法

病院での治療法には、保存療法と手術療法があります。

病院での治療法は、検査(レントゲン・MRIなど)から始まります。原因や症状により手術の対応もありますが、最初は保存療法で経過観察していきます。

痛み止めや湿布を処方され、1,2週間は安静を指示されます。

痛みが和らいできたところで、電気療法・牽引・超音波療法などを行い。リハビリとして運動療法も行い、ストレッチや筋力強化などで対応しています。

ペインクリニックでは、ブロック注射なども行われています。AKAなども行われる病院がありますが、一般的には、電気療法と薬や湿布など処方されます。

 

予防法

根本原因を改善することが予防につながる

股関節の関節唇損傷を予防するには、何をすれば良いかを考えてみましょう。根本原因を考えてみると予防の方法も見えてみます。

臼蓋形成不全や股関節のインピンジメント症候群があったとしても、筋力の低下や動きが正常であれば予防は可能です。

日常生活の注意事項に気を付けることで、予防になります。

 

股関節の関節唇損傷の方が注意したい日常動作で腰の痛みは予防できる

注意したい日常生活動作があります。間違った動きで股関節の関節唇損傷を悪化させないだけでなく、正しい動きをすることで慢性腰痛も改善できるのです。

あぐらの姿勢

あぐら。

草刈り

草刈り。

座り方

座り方。

重い荷物

重い荷物。

 

股関節の関節唇損傷の整体コースの特徴

股関節の関節唇損傷は、痛み・動き・筋力の改善を目的とした整体で対応します。入念なカウンセリングからセルフケアの指導までの流れを、下記でご説明します。

①カウンセリング
カウンセリング股関節の痛みを引き起こす原因を見つける為に質問をいたします。
②股関節の整体
股関節の整体股関節周辺をほぐして、動きを良くするために整体で調整します。
③セルフケア指導
腰のセルフケア指導早く改善させる為に、自宅で行う腰のセルフケアをご指導します。
④次回の来院指導
次回来院の指導早く効果を出すために、最適な来院時期を御提案いたします。

 

股関節の関節唇損傷の整体内容。

股関節の関節唇損傷の痛みを素早く改善するための整体法が特徴です。

マッサージとストレッチを組み合わせて、独自の調整法を交え痛みを早急に緩和させていきます。

股関節の筋肉のマッサージとストレッチと骨盤矯正が決め手!

マッサージ

股関節の筋肉をマッサージでほぐして緩める。

ストレッチ

股関節の筋肉をストレッチで伸ばして緩める。

骨盤矯正

骨盤と腰椎下部を矯正をして調整する。

 

股関節の関節唇損傷に整体が必要な理由

当整体院は、すべて手技のみで行います。機械などでは行き届かない部分をアプローチすることで、微妙な調整が行えるので効果が実感できると思います。そして、整体で改善して自宅でセルフケアを行うことで、再発予防につながります。

 

股関節整体バナー

 

セルフケア法バナー

 

お客様のお喜びの声

喜びの声

運動はしていない方で、臼蓋形成不全で股関節の動きが不安定な症例です。筋力低下も関係していて、40代後半から筋力低下が急速に起こります。特に体調不良で運動が出来ず筋力が低下することもあり、股関節が不安定になる原因が起こりました。マッサージで股関節周辺の筋緊張や筋弛緩を回復させて、痛みを緩和させます。その後は筋力強化(特に小殿筋・中殿筋)を行い筋肉で股関節を安定させました。痛みが改善され歩く時の不安がなくなったと喜ばれました。(院長の解説)

病院で関節唇損傷と診断されて、この痛みから早く解放されたと思い来ました。マッサージとストレッチなど丁寧に施術していただき、帰りは軽くなって帰れました。【40代 女性の声】

まだ若いので筋力は大丈夫ですが、無理な開脚運動が引き金になった症例です。健康のためにヨガに通い無理な開脚で損傷をしました。開脚の運動は急激に行うことは、おすすめできません。しばらくは、開脚運動を止めていただきマッサージと整体で動きの調整で痛みが改善しました。(院長の解説)

最初は違和感でしたが、しゃがむと痛くなり心配でした。カウンセリングで詳しく原因を探してもらい安心しました。整体も受けて痛みが改善しているのでびっくりです。【30代 女性の声】

空手の回し蹴りで痛めるケースの症例です。特に一度空手の稽古から遠のき、再開した時に起きやすく硬くなった股関節を無理やり足を上げて痛めます。足を上げた際に関節唇が挟まったり、ぶつかったりと衝撃で痛めるます。開脚と回し蹴りは禁止して、当整体院で指導するストレッチとマッサージで3週間で改善しました。まだ無理は出来ないので今後も動きを回復させていきます。(院長の解説)

格闘技をしていますが、脚が上がらなくなり痛く困っていました。先生も股関節を痛めた経験があるので、お話を聞いて納得して受けれました。3回目ですが、ほぼ痛みがなくなりました。【40代 男性の声】

 

よくある質問(Q&A)

よくある質問

寝方はどうすればいいですか

解答

寝方は仰向けが理想ですが、痛い場合は痛くない足を下にして寝ましょう。その際に痛い方の膝の下に座布団などで高くして寝ると楽に寝れます。抱き枕も良いともいます。しかし、根本解決でないので早く整体を受けて痛みを緩和させましょう。

動きを良くするセルフケア法。詳しくは、股関節のマッサージ法を参考にしてください。

 

椅子に座っていると右の股関節が苦しくなるのですが

解答

股関節唇損傷はインピンジメント症候群も深く関係しています。股関節を深く曲げる姿勢はしばらくは禁止です。椅子に座る際は、股関節の角度が深く曲がらないように、深く座るのでなく浅く座り股関節の角度を調整してください。座布団を敷いて高くするなども効果的です。

 

足を着くたびにズキンと痛みます

解答

損傷をして初期は炎症があると思います。また、荷重が股関節にかかることで、圧迫が起こり痛みがでます。出来るだけ痛くない方の足に頼るようにして歩行しましょう。そして、出来るだけ早く当整体院に来ていただき、股関節の動きを回復させて動きを良くしていきましょう。

 

関連ページ

最新の記事など更新しました。

  1. 右(左)の股関節は急に痛くなる原因は何か
  2. 股関節の痛みは整形外科の病院が良いか、整体院・整骨院が良いのか
  3. 歩くと急に股関節が痛いのは何が原因は滑液包炎(関節炎)が発生かも

 

股関節の整体料金と予約方法

当院は一人一人丁寧に整体を行うために、完全予約制になっています。メールフォームからの予約は、初見料の部分を一部割引していますので、是非ご利用ください。

決算方法

 

初回割引はネット予約フォームがお得

初回費用 12,100円
※内訳:初見料3,300円+施術料8,800円

初回費用12,100円を9,900円で受けられます。

【初回割引予約フォームはこちら↓

初回割引予約フォーム

 

さいたま中央フットケア整体院の紹介

整体院の画像

 

診療時間
9:00〜18:00
18:00〜21:00

火曜・金曜は夜間診療21:00まで可能
祝日は休診、完全予約制

信頼される理由【全国から来院】【口コミ評価4.6】【25年の臨床経験】

院長と美智子先生 〒338-0013
埼玉県さいたま市中央区鈴谷4-17-13
電話)048-789-7743
定休日:月・木・祝日
火・水・金・土・日:9:00~18:00
火・金は夜間営業18:00~21:00

南与野駅(西口)下車、徒歩8分 ※わからない時は電話をください。
詳しくは、 アクセスページをご覧くださいませ。

icon 電話番号048-789-7743 icon FAX048-789-7308
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでご予約は割引制度あり!

割引き予約フォーム

 

【道順】Googleマップで道順を調べる


ページトップに戻る